Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

報道関係者からも慕われていた川村隆史さんとの思い出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 ソフトバンク・川村隆史三軍コンディショニング担当の訃報を聞き、言葉を失った。9月16日、遠征先の神戸市内にて、くも膜下出血で急逝。55歳だった。  温厚な人柄で、いつも明るく、和やかな性格。球団はもとより、報道関係者からも慕われていた。  2002年2月、高知キャンプは「寺原隼人フィーバー」に沸いていた。前年夏の甲子園で154キロを計測した日南学園高出身の大物ルーキーである。「注目新人の素顔」を取材するため当時、一軍のコンディショニングコーチだった川村さんにインタビューに応じていただいた。  グラウンド横のトレーニング場にあったプレハブ小屋に通してもらい、30分ほど、速球派投手の潜在能力等について語ってもらった。とにかく、勉強熱心。時代に合わせ、新たな理論を積極的に取り入れる柔軟さもあった。  当時、福岡ドームでは誰よりも早く、フィールドに姿を見せていた。18時開始のナイトゲームでも、10時過ぎには球場入り。売り出し中だった川崎宗則ら若手だけでなく大道典嘉、小久保裕紀、松中信彦、井口資仁といった中心選手まで、早出練習が伝統だったホークス。川村さんは選手と寄り添っていた。試合前のウォーミングアップでは、思わず、こちらも元気が出てしまうほどの掛け声で、ナインを鼓舞していたのが印象的だ。  その後、二軍へ配置転換以降も、当時のファームの練習拠点であった雁の巣では、早朝から夕方まで施設内を動き回っていた。  勤勉。真摯。愚直。だからこそ、信頼が厚かった。ホークス担当として駆け出しの身ではあったが、いつも丁ねいに接してくれた。川村さんと話をすると、ホッとした。包容力があった。誰もが、そう思ったはずだ。  感謝に堪えない。合掌。 文=岡本朋祐 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】