Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナに重なる「エイズ患者」騒動 磯野真穂さんと考える差別の連鎖 「怖いからしょうがない」止めるには

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

どんなに気をつけていても「絶対にコロナに感染しないゼロリスクの生活」を送ることは難しい――。それでも現状では、患者や医療従事者が差別されたり、治っても「陰性を証明しろ」と迫られたりといった問題が起きています。私たちは病や健康をめぐる「リスク」とどのように向き合っていけばいいのでしょうか? 人類学者の磯野真穂さんはHIV感染症をめぐっても、1980年代に今と同じような「差別」があったと指摘し、「『しょうがない』の連鎖で差別が起きていく」と話します。 【画像】「さっさと店閉めて」〝自粛警察〟の写真はこちら 「銭ゲバオーナー」貼り紙に書かれていたこと 【8月25日夜に開かれたオンラインイベント「磯野真穂さんと考えるリスクとの向き合い方」の内容から記事を構成しています。3回に分けてお伝えします】

リスクと「秘密」の関係

――磯野さんは、リスクには「秘密」が関わってくると指摘されています。 雑誌「こころの科学」に、医療ジャーナリストの市川衛さんと連名で論文を出しました。4月の終わりから、SNSでのインプレッション上位10位のウェブの記事を分析しました。この上位の記事には、けっこう「陰謀論」が出てくるんです。 陰謀論とは、「社会がこんな風になってしまったのは国家などの権力が何か重要なことを隠しているから」「本当はできる対策があるのにしていない」というものです。 ツイッターにも「政府が何かを隠している」「オリンピックをやりたいからPCR検査をしない」というつぶやきが流れていました。 この分析で注目したいのは、批判の矛先が日本政府、中国政府だけであることです。 社会が混乱すると、潜在的に人々が嫌っている何かへの攻撃が顕著になります。いわゆるリベラルの人の攻撃がより強固になって安倍政権に向かったのは当然でしょう。憎悪や敵意が増幅されてしまって、より激しい分断が起きます。 BuzzFeedのインタビューで、「市民自らが政府に対して自分たちをもっと監視するよう求めること、つまり『緊急事態宣言を出せ』と要請することに問題はないですか」「日本政府の初期の頃の対応はよくやっていたのでは」と話したら、「安倍政権の味方なのか」と批判が来ました。 こういった「強者と弱者」「加害者と被害者」という分かりやすい二項対立は、修復し難い分断を作り出すので注意が必要です。 ――権力者の隠していることが何かあって、自分が損してるんじゃないかと思ったり、どこかに責任をなすりつけたい気持ちを持ったりするのでしょうか。 「欧米すごい」という反応もありましたね。それはコロナ前から潜在的にあったのでしょう。ドイツの対応が称賛されていましたが、実際は、日本より患者数・死者数が多いですよね。

【関連記事】