Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

花粉症、おしっこの我慢で高血圧に!? 血圧を上げる意外な行動とは[医師監修]

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FASHION BOX

血圧が上がるきっかけは日常の意外なところに潜んでいます。知らず知らずのうちに血圧を高める行動を取っていた……なんてことがあるかもしれません。高血圧を気にしている方は日頃から注意が必要です! ここでは、慶應義塾大学名誉教授の河邊博史先生と医師の渡辺尚彦先生に、そんな意外な行動と原因を教えていただきました。

おしっこを我慢すると、血圧によくないの?

排尿を限界近くまで我慢していると、膀胱は尿で満タン状態になっています。この状況では交感神経が活発になり、血管が収縮して血圧が高くなります。また男性が立ったまま一気に排尿すると、今度は迷走神経反射で副交感神経が活発になり、血管が拡張して血圧が下がります。この急激な血圧低下により脳貧血を起こして失神することがあるので、洋式トイレなら座って排尿するのもひとつの手です。血圧が低くなる夜間の排尿時に多いので、この時間帯は特に注意が必要。就寝前の水分の摂りすぎに注意し、寝具を暖かくして就寝中に体が冷えないようにすること、そしてギリギリまで排尿を我慢しないことが大切です。(河邊博史 先生)

花粉症は血圧を上げるって本当?

本当です。スギ花粉を代表とした花粉症は、日本人の4人に1人は発症しているとい われている「国民病」ですよね。代表的な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみです。私自身もアレルギーを持っていて、鼻づまりがひどいときに血圧を測ったら、通常時よりもかなり上がっていました。左右の鼻がつまり、息苦しくなることのストレスで、血圧が上がるようです。こういうときは降圧薬ではなく、花粉症の薬を処方してもらいましょう。(渡辺尚彦 先生)

窮屈な服を着ると血圧が上がるって本当?

長期間にわたり窮屈な着衣や下着で体を締めつけると、血圧が上がるのは本当です。ある女子大学の研究によると、女性がワンサイズ下のガードルやボディスーツなどを着用することで、ノルアドレナリンというホルモンの尿中分泌濃度が上昇することがわかりました。このホルモンの上昇は交感神経を緊張させ、末梢血管を収縮させて血圧を上げる原因となります。補整下着は内臓を圧迫してしまう危険性があり、血圧が上がる以外にもさまざまな弊害が起きる可能性があります。胃や腸、肺の圧迫で消化活動や呼吸にまで影響を及ぼしたり、神経が圧迫されることにより知覚障害などの弊害も起きたりします。短時間の着用はともかく、日常的に着るのは避けたほうがいいでしょう。(渡辺尚彦 先生)

【関連記事】