Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アップルの新型27インチ「iMac」は、地味に見えて着実な進化を遂げている

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WIRED.jp

アップルが27インチの「iMac」の新型を8月4日(米国時間)に発売した。しかし、その違いはじっくり見ないとわからないだろう。新型でもアップルがiMacでしばらく採用してきたベゼル(画面の枠)が広いデザインのままであることから、旧モデルからの変化がまったくないように見える。 スティーブ・ジョブズが20年前に送り出した“透明な四角い箱”が証明したこと それに劇的に新しい機能があるわけでもない。顔認証システム「Face ID」や指紋認証システム「Touch ID」のような生体認証は採用されていない上に、ディスプレイのサイズと解像度も旧型とまったく同じだ。進化した部分は筐体の内側と、そのパフォーマンスにある。

強化されたグラフィック

新型の27インチiMacはインテルの第10世代のプロセッサーである「Comet Lake」を採用しており、6コアか8コアが選べるようになっている。iMacを本格的に使いこなすパワーユーザーにとっては、第10世代の「Core i9」が選べるようになったことはいいニュースだろう。アップルによると、CPUの処理速度は19年モデルと比べて65パーセント向上しているという。 次にグラフィック周りを見てみよう。GPUはAMDの「Radeon Pro 5000」シリーズが採用されており、標準では「Radeon Pro 5300」と「Radeon Pro 5500XT」(VRAM8GB)が用意される。オプションの「Radeon Pro 5700XT」(VRAM16GB)なら、GPUのパフォーマンスが55パーセント速くなるという。 CPUとGPUのパフォーマンスの向上を補完するのが、ストレージのSSDへの完全移行だ。これでiMacシリーズは21.5インチモデルを含む全モデルでSSDが採用されたことになり、読み書きの速度は劇的に向上する。標準モデルではSSDの容量が256GB~512GBだが、最大8TBまで選べる。

ディスプレイの注目すべき点

筐体は従来とまったく同じで、「iPad Pro」のようなベゼルレスの新しいデザインにはならなかった。このベゼルが広いデザインは見飽きたかもしれないが、ディスプレイには注目すべき点がふたつある。 まず、環境光に応じてディスプレイのホワイトバランス(色温度)を自動調整する「True Tone」に対応したことだ。そして映り込みを抑える「Nano-textureガラス」が選べるようになった。これはアップルの外付けディスプレイ「Pro Display XDR」(日本では52万9,800円から)に採用されている技術で、ディスプレイ表面のガラスにナノレヴェルの微細なエッチングを施してある。ただし、相応のコストが求められる[編註:日本では50,000円のオプション]。 ウェブカメラとして利用できる「FaceTime HDカメラ」の解像度は、ありがたいことに1080pにアップグレードされた。アップルによると、暗い場所での画質を向上させているという。

【関連記事】