Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

上武大学サッカー部 岩政大樹アドバイザー「相手が困らざるを得ないという状況を作り出す」

配信

高校サッカードットコム

 今年度から上武大学(群馬)のアドバイザーを務める鹿島アントラーズでは数々のタイトル獲得に貢献し日本代表としても活躍した岩政大樹氏にインタビューを敢行。「前編」、「中編」に続く「後編」ではチームのコンセプトである「プロアクティブフットボール」についてお話を伺った。 【フォトギャラリー】上武大学 岩政大樹アドバイザー ーーチームのコンセプトとは。  僕の方で一つコンセプトとなる言葉を作りました。 「プロアクティブフットボール」  プロアクティブという言葉は本来凄く良い言葉で日本語ではピタッと来る言葉がなかなか無いんですけど、前向き、積極的、主体的、そして先見的。これはつまり、起こったことに対応(リアクション)するのではなく、むしろ何かを引き起こす。起こすことによって事態を掌握することを意味します。  その後に起こる事象に影響を及ぼすという面では、ピッチ内でも積極的にアグレッシブに、そして自分たちで相手を動かしていく。それは先見的、つまりは他でやっていないことをどんどん最先端で取り組んでいく、ということにもつながります。  サッカー部として、「プロアクティブ×本気」を突き詰めていきたいと思います。つまりは、「頭を使って心で闘う」そして、観ている人達に圧倒的なサッカーを実現したいと思います。 ーー面白いと思ってもらえるような大学に。  「大学でサッカーをやります」ってなった時に、受け皿として、面白いと感じる大学がどれくらいあるのかなと。その一つになりたいなとは思っています。高校まではそれぞれ個性ある学校やチームがたくさんあると思うんです。大学だとやっぱり強豪校に集まり、「名前のある大学を卒業します」っていうのもそれはそれで一つ良いんですけど、そうじゃない子たちが、サッカーもう一度4年間本気でやりたいんだけどと考えた時の受け皿になれれば。元Jリーガーの監督も少なくて、居ても1.2年で辞めちゃったりとか。そこに風穴があるので、そこに上手く入り込めれば面白いかなとは思ってます。 ーーピッチだけでは完結しない、大学生活を通じて、よりプロアクティブな学生を求める岩政大樹氏。次回最終回は、高校年代のプレイヤーへ向けてお話を伺った。

【関連記事】