Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今やスーパーカー並みの価格! R32、R33、R34、あの頃憧れた「スカイラインGT-R」

配信

MOTA

はっと目を見張るような流麗なフォルムのスポーツカー。屈強なボディでどこにでも行けそうなSUV。それともオシャレで可愛らしいコンパクトなモデル。最新モデルから懐かしの名車まで。燃費や車格、維持費など現実問題は一旦置いておいて、誰しも1度は自分の憧れのクルマを思い描いたことでしょう。そしてそれを自慢したいなんてことも…。 ■「スカイラインGT-R」はこうやって進化した! R32、R33、R34を画像で見比べる(画像56枚) 今回はR32、R33、R34といった、あの頃憧れた「スカイラインGT-R」を振返っていきます。あなたの好きなクルマは何ですか? 昔から憧れていた1台はありますか?

▼前回の「デザインに一目惚れな平成の名車3選」は関連記事をチェック

スカイラインGT-R(BNR32型):1989~1994年

1989年に16年ぶりにGT-R復活のモデルとなったのが、R32型スカイランGT-R。FRベースながら、高度な電子制御により4輪に自在に駆動力を配分できる4輪駆動システム(アテーサE-TS)を搭載します。 R32型はスペック上では280馬力となっていますが、実際にはレース仕様の600馬力を想定して開発されました。 さらに、その後のマイナーチェンジでは、Vスペック(1993年)、VスペックII(1994年)が登場。フロントヘビーな弱点を補うため、前後輪のブレーキローターをそれぞれ大型化。ブレンボ製のベンチレーテッドディスクブレーキを装備しました。 その後、当時行われていたツーリングカーレース「グループA」では4年間で29戦29連勝という金字塔を樹立するなど、国内・海外のレースで活躍。数々の輝かしい成績を残し、500台限定の「GT-R NISMO」やオーテックバージョン、そして、耐久用のベース車「N1」など、多くの限定車がいくつも存在します。

スカイラインGT-R(BCNR33型):1995~1998年

1995年、ボディサイズの大型化・ホイールベース延長などにより、ひと回り大きな3ナンバーサイズとなって登場したのがR33型スカイラインGT-R。 エンジンは引き続きRB26DETTを搭載。足廻りにはブレンボ製ブレーキキャリバーを全車標準装備していました。 1997年にはオーテックジャパンより、4ドアセダンGT-Rとなる「スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40th ANNIVERSARY」を発売。422台のみ生産された4ドアGT-Rは、2ドアのGT-Rを4ドアに改良したため、リアフェンダーやリアドアなどは新たに形成されていました。 他にも、R33型 GT-Rがル・マンへの参戦記念として期間限定販売された「LMリミテッド」なども。LMリミテッドは、チャンピオンブルーのみ販売されました。さらに、NISMOが手がけたコンプリートカー「NISMO 400R」は、その名のとおり400馬力を発生させるハイパフォーマンスモデルで、生産台数はわずか55台。 日産の技術力の高さはもちろん、オーテックやNISMOから販売されていた限定モデルやコンプリートモデルは、当時のキャッチコピー「マイナス21秒のロマン」のようにロマンを感じさせてくれる魅力がありました。 ボディの大型化などにより、失敗作と揶揄されるR33型ですが、プロトタイプでは世界一過酷なサーキットとして名高いニュルブルクリンク北コースで先代(R32)のラップタイムを21秒上回る7分59秒を記録するなど、潜在能力の高いGT-Rでした。

【関連記事】

最終更新:
MOTA