Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

園児ら発見、あの鳥なあに?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
山形新聞

 酒田市の「うえだこども園」の園児たちが7日、国の特別天然記念物のコウノトリ3羽が飛来したのを見つけ、同園の職員が写真に収めた。日本コウノトリの会(兵庫県豊岡市)によると、本県での目撃例は珍しいという。  園児たちは正午ごろ、隣接する上田コミュニティ防災センターのグラウンドに見慣れない鳥が3羽飛んできたのを見つけた。図鑑で調べたところ、コウノトリだと分かった。  増殖や個体識別、保護活動に取り組む同会の担当者は写真を確認し、山形新聞の取材に対し「足環の色の組み合わせなどから、3羽は今年6月に豊岡市を巣立ったオスとメスの他、福井県越前市から巣立ったメスの『やまちゃん』とみられる」と話した。  国内のコウノトリは現在人工繁殖した約220羽が生息しているとみられる。見つけた園児は「親に自慢しよう」と興奮した様子。3羽は餌を探すようにグラウンドで30分ほどたたずんだ後、飛び立ったという。

【関連記事】