Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブルージェイズ・山口俊が2登板連続の大量失点…防御率8点台で勝ち越し許し、PSに不安残す

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

◆メジャーリーグ ブルージェイズ―オリオールズ(27日、バファロー・サーレンフィールド)  ブルージェイズ・山口俊投手(33)が27日(日本時間28日)、レギュラーシーズン最終戦となる本拠地・オリオールズ戦に同点の5回から2番手で登板。いきなり3連打を浴びるなど勝ち越しを許した。  またしても苦しいマウンドになった。同点で登板したが、三塁への内野安打と右前安打で無死一、二塁のピンチを迎えると、右翼へ二塁打を浴びて失点。その後も相手の勢いを止められずに、このイニングだけで3点を失った。3点ビハインドで続投した6回は無安打無失点で切り抜け、2回34球を投げて4安打3失点。相手打線にのみ込まれた。  前回登板の25日(同26日)の同カードでも、3本塁打を浴びるなど、2/3回で4失点。2試合連続の大量失点で防御率は8・06になった。29日(同30日)から始まるポストシーズン(PS)進出はすでに決まっているが、不安を残す形になった。

報知新聞社

【関連記事】