Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宇都宮健児氏が出馬会見 コロナ医療充実や補償主張

配信

共同通信

 元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)が27日、東京都内で記者会見し、任期満了に伴う7月5日投開票の都知事選に立候補すると改めて表明した。新型コロナウイルス対策を掲げ、都民の命を守る医療の拡充や自粛・休業要請に対する補償の徹底などを選挙戦で訴えるとしている。  宇都宮氏は会見で「生活、雇用、営業、命や健康が懸かった選挙だ。投票所に足を運んでいただきたい」と述べた。政党の推薦や支持は受けずに無所属で出る方針。25日にツイッターで出馬の意向を明らかにしていた。  宇都宮氏は2012年、14年の知事選にも立候補し、いずれも落選した。

【関連記事】