Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

単なる「知識自慢」じゃなかった! R32・FD・JZX100などクルマ好きが車名じゃなく型式でクルマを呼ぶワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

車両の仕様などが判別できるコードみたいなもの

 自動車にはそれぞれ固有の名前が付けられている。いわゆる「車名」というものだ。通常はカローラやスカイラインといった車名でクルマのことを呼ぶのが一般的であるが、コアなクルマ好きになると、車名ではなく型式名で呼ぶことが多くなるのだが、果たしてそれはなぜなのだろうか? 【写真】日本では型式で呼ばれる! 世界でも人気の最強クラス4ドアセダン  そもそも型式とは、自動車の車種やモデルを分類するためにアルファベットと数字の組み合わせなどで表される識別記号であり、車検証の「型式」の部分に記載されているものだ。たとえば現行スカイラインの3リッターターボモデルであれば「5BA-RV37」となる。  ちなみにハイフンの前にある「5BA」は自動車排出ガス規制の識別記号を表しており、一般的な型式はハイフンの後の「RV37」を指すことになる。  型式の説明が済んだところで話に戻ろう。なぜ、クルマ好きは車名ではなく型式で呼ぶのか? これはまず、「わかってる感」が演出できるという点もあるだろうが、型式を言うことである程度の仕様まで判別できるという点が挙げられるだろう。

兄弟車で型式が同じだとより難解になることも……

 例えば、前述のスカイラインであれば、「スカイライン」といっただけでは初代から現行型まで13世代にも上るスカイラインのどの世代を指しているのか判別できない。しかし「V37」ということで、現行モデルであることがすぐに判別できるというわけだ。  さらに、「RV37」と言えば3リッターターボだし、「HV37」と言えばハイブリッドモデル、「HNV37」と言えばハイブリッドの4WDモデルだとわかるのである。  もちろんこれらは会話の相手にもある程度の知識があることが前提となるが、クルマ好き同士で会話をするときに余計なやり取りをしなくても、相手の話す車種をある程度絞り込むことができることができるのだ。  ただ、型式だけでは車種やグレードが絞り込めないモデルも存在する。例えば100系のマークII、チェイサー、クレスタの3兄弟については、2.5リッターの1JZ型エンジンを搭載しているモデルはすべて「JZX100」となるため、ターボエンジンを搭載した100系のチェイサーを指す場合は「100チェのツアラーV」というような謎の文字列になることも多々ある。この辺りはある程度勉強が必要になるかもしれないが、マニアックな話をする第一歩とも言えるので、ぜひマスターしたもらいたいものだ。

小鮒康一

【関連記事】