Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】抗めまい薬の効かないめまいはどうしたらいい?受診は必要?

配信

Medical DOC

一言でめまいと言っても、体が浮き上がるような感覚や、世界がグルグル回っている感覚など、その種類はさまざまだ。はたして、そのすべてに抗めまい薬が有効なのだろうか。この疑問を、日本めまい平衡医学会に所属する、なかじまクリニックの中島規幸院長に伺った。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 中島規幸先生(なかじまクリニック 院長) 昭和大学医学部卒業。獨協医科大学越谷病院耳鼻咽喉科入局、同局の助教も努める。その後、東埼玉総合病院耳鼻咽喉科医長に就任。2014年、埼玉県さいたま市になかじまクリニック開院。2017年には医療法人三優会なかじまクリニック設立。おもに首より上の領域を中心とした地域医療を提供し続けている。医学博士、日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医、身体障害者福祉法第15条指定医。日本めまい平衡医学会、日本耳鼻咽喉科学会ほか参加学会多数。

抗めまい薬は「船酔い防止」の薬だった

編集部: 抗めまい薬は、すべてのめまいに有効なのでしょうか? 中島先生: いいえ。単にめまいと言っても、カゼをひいて熱のあるときとか、心臓の不整脈などでフラフラっとするときとか、いろいろな場面・種類がありますよね。したがって、抗めまい薬の効かないめまいもあります。 編集部: どのようなめまいだと、抗めまい薬が有効なのでしょう? 中島先生: 実は、それがわかっていないのです。なぜ抗めまい薬がめまいに効くのかというメカニズム自体、解明されていません。 国内で最も一般的な抗めまい薬として「メイロン」というお薬があるものの、もともとは船酔い対策のお薬でした。それが臨床的にめまいに効くことが明らかになり、今では幅広く、どの科でも処方されています。 編集部: 何だか、めまいのしてくる話です。 中島先生: たしかにその通りで、現実と自分の認識との間にズレが生じると、めまいを感じます。例えば、停車している電車に乗っているとして、本当は隣のホームの電車が発車したのに、自分のほうが動いているような感覚ってありますよね。めまいは、神経障害や血行障害に限らず、ある種の情報に対しても生じるのです。

【関連記事】