Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

抗菌・防腐効果も!旬の香味野菜“大葉”のアレンジ調理法【管理栄養士が教える減塩レシピ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

薬味など脇役イメージの強い大葉は、爽やかな香りや風味で減塩を手助けしてくれる食材です。 一度に食べる量は少量ですが、さまざまな栄養を豊富に含んでおり、さらにこの時期に嬉しい抗菌・防腐効果もあります。 今回は旬の大葉を使った減塩レシピを2品ご紹介します。

大葉の和風ジェノベーゼ

【材料】(1人分) スパゲティ 100g 大葉 5枚 ★白だし 小さじ2 ★粉チーズ 大さじ1 ★オリーブオイル 大さじ1 ★みじん切りにんにく 少々

【作り方】

1.大葉はみじん切りにする。 2.1と★の調味料を合わせる。

3.スパゲティを沸騰したお湯で規定分数茹で、ざるにあける。 4.フライパンに2のソースと3を加え、絡めたら完成。

通常バジルを使うジェノベーゼを大葉でアレンジし和風に。 ジェノベーゼソースは手作りする場合、ナッツやオイルなどと一緒にフードプロセッサーなどで細かく刻みながら攪拌して作りますが、今回は手軽に作れるよう、みじん切りの大葉を調味料と混ぜて作っています。 大葉の風味はもちろん、粉チーズのコクも減塩のポイントです。 大葉には、カリウムやβ-カロテンが豊富に含まれています。 薬味などで使うと少量しか食べられませんが、このレシピではまとまった量を食べられるので、栄養摂取アップに貢献。 ほかにもサラダに混ぜたり、ナムルなどにしても大葉をたくさん食べられますよ。 食塩相当量:1.4g

じゃがいもとベーコンの大葉炒め

【材料】(1人分) じゃがいも 1個 玉葱 1/8個 ベーコン 15g 大葉 2枚 ポン酢 小さじ1/2 胡椒 少々

【作り方】

1.じゃがいもは乱切りに、玉葱は薄切りにする。ベーコンは食べやすい大きさに短冊切りにする。大葉はみじん切りにする。 2.じゃがいもは耐熱容器に入れふんわりラップをし、600Wの電子レンジで3分加熱する。

3.フライパンにベーコンを入れ、全体的に軽く焦げ目が付くまで炒めたら一度取り出す。 4.同じフライパンに2と玉葱を入れ、中火で炒める。

【関連記事】