Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【老後を自宅で過ごしたいなら】「いつでも連絡してください」というケアマネジャーを求めるのは間違い?

配信

サライ.jp

■ケアマネジャーはブラック労働?

こんな声が届いた。 「休みでも対応してくれるのがよいケアマネジャーなのか」 「ケアマネジャーに24時間365日働けというのか」 「そういうケアマネジャーを求める利用者の方が非常識なのでは」 というのも、 「親の終の棲家をどう選ぶ? 認知症になった母」 「親の終の棲家をどう選ぶ? 東京に戻ると冷静になれる」 で、両親を遠距離介護する上野さんが「3回目でようやく理想とするケアマネジャーに巡り会えた。これまでのケアマネジャーは電話しても『今日は休みです』といって対応してくれなかったが、今のケアマネジャーは『心配なことがあれば、いつでも連絡してください』と言ってくれる」と発言していたからだ。 上野さんと似たような声はよく聞く。「親の終の棲家をどう選ぶ? 一人娘で独身。アラフィフ女性の長遠距離介護」で登場した中澤さんも「この人は信頼できる」とケアマネジャーを評価する理由として、「マメに連絡をくれる」ことを挙げている。 上野さんも中澤さんも、仕事を持っている。にもかかわらず、親のことを思うあまり「いつでも連絡が取れるようにしてほしい」と無理な要求をする“ブラック利用者”になっていたのだろうか? 利用者はケアマネジャーの働き方も考慮するべきなのか? これらの疑問について、ケアマネジャーの働き方に詳しい、介護サービス提供事業所の幹部に話を聞いた。

■「家族がいつでも連絡が取れるケアマネジャーを求めるのは当たり前」:介護サービス提供事業所幹部

ありがちな話ですね。介護の必要な方の家族にとっては、「休みの日でも連絡が取れるケアマネジャーがよい」というのは当然のことでしょう。家族が仕事を持っていたり、遠距離介護をしていたりすればなおさらです。その一方でケアマネジャーが無理をしているのもまた事実です。 まず、前提としてケアマネジャーの仕事のやり方は次のような要因で左右されます。 その第1が担当している利用者数と内容、第2はケアマネジャーが所属する居宅支援事業所の規模や成り立ち、ケアマネジャーの人数や雇用形態です。これは、事業所側が何人の利用者を担当させるかどうかということも影響します。 また事業所の経営母体にもよります。個人経営から大手企業、社会福祉法人などによって働き方は変わりますし、情報共有の在り方も変わってきます。情報共有ができていれば、担当のケアマネジャーが休みでも、別のケアマネジャーが対応できる、これが理想でしょう。ところがケアマネジャーが所属する事業所は小規模なところが多く、利用者の情報共有ができているとは言い難い。大手だとシステマチックで、働き方改革に合わせてクールに割り切る傾向はあります。 それから雇用形態、つまり正社員かパートかによって時間外や休日の対応は大きく異なります。パートの場合、利用者1人についていくらと決まっている歩合給制のケアマネジャーも多いです。

【関連記事】