Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

那須川が判定決着も皇治を圧倒「格闘技の本質を思い出してほしい」【RIZIN.24】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO HEADLINE WEB

「RIZIN.24」(9月27日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)のメインで行われた那須川天心(TARGET/Cygames)vs皇治(TEAM ONE)の一戦は那須川が3-0の判定で勝利を収めた。  皇治は今年7月にRIZINに電撃参戦を発表。8月のRIZIN横浜2連戦のリング上からRIZINファンへ参戦の挨拶をしたのだが、そこでリングサイドで解説を務めていた那須川を強引にリングに呼び出し、対戦要求。那須川も「みんなが見たいのなら」と受諾し、一気に対戦を実現させた。  この最初の遭遇から試合が決まった後のインタビュー、公開練習と皇治の“口撃”は続く。この日、花道に現れた那須川がいつにも増して怖い表情を見せていたのはそのためか。  フェイスオフでは気合満点の天心に対し、怖いほどに静かな表情の皇治。

 1R序盤からから那須川はプレッシャーをかけ、左ハイ、ワンツーからのヒザ、左ストレートとスピードと威力満点の攻撃を繰り出していく。皇治は那須川の猛攻をしのぐと右ミドル。しかしこれにも那須川は左ストレートを合わせていく。この一撃にクリンチでしのぐ皇治。  那須川はなおも左ハイ、ヒザ、飛びヒザと畳み掛けるが皇治は倒れない。那須川はプレッシャーをかけ、皇治をコーナーに詰めるが、一歩引いて皇治をリング中央に呼び戻す。逆に詰める皇治だが、那須川が左ストレート。ここも倒れない皇治。  2R開始前にカットした皇治の左目上のドクターチェックが入るが、試合は続行。  那須川は左ハイ。皇治も右フックを返す。ローキックの蹴り合いから那須川が左ハイ。そしてカウンターの左ストレート。ぐらついた皇治だが、倒れない。那須川はワンツーから飛びヒザ。再度の飛びヒザに皇治はクリンチでダウンを免れる。那須川はラウンド終了際には右ジャブを連打。皇治は左目上を大きくはらしてコーナーに戻る。

 3Rも那須川はジャブから胴回し回転蹴りを放つが皇治は寸ででかわす。皇治は右ミドルを放つが那須川はジャブからワンツー、そしてロー。那須川はカウンターの左も皇治は倒れない。  皇治もワンツーで反撃も那須川はボディーブローに飛びヒザ。那須川は左ストレート、飛びヒザ。  那須川はドロップキックを見せる余裕を見せるが、皇治は倒れた那須川に向かうガッツを見せる。そして最後に右ハイを放つ意地を見せたが那須川はガード。  皇治がしのぎ切り、試合は判定となったが、ジャッジ3者とも30-27で那須川が判定勝ちを収めた。  試合後のマイクで「試合前から煽られてむかついてた部分もあった。無事に勝てて良かった。なかなか格闘技界にいない存在。応援団もたくさん、熱いファイターで良かった。もうちょっと冒険して打ち合いにいってもよかったと、今は思うけど、どうですか? 面白かった? やっぱ打たれ強かった。ぼくも何ももらわなかったんで、まあ良かったです」などと語った。

【関連記事】