Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【RISE】白鳥大珠と直樹が1回戦で激突「興味あるのは1人だけ。早々にぶっ倒す」(白鳥)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
イーファイト

 10月11日(日)横浜・ぴあアリーナMMで開催される格闘技イベント『RISE DEAD OR ALIVE2020 Yokohama』の会見が、9月12日(土)都内にて行われた。 【フォト】-63kgトーナメントに参戦する白鳥、原口、西岡、直樹。全員が王者のベルトを持つ  RISEは、今年4月に開幕予定だった、強豪外国人参戦の『RISE WORLD SERIES』の延期を発表し、代わりに日本人4選手による、ワンデートーナメント[RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント]を開催する。KO賞も準備されており、優勝賞金が500万円だ。  準決勝 (1)では、RISE WORLD SERIES -61kg世界王者・白鳥大珠(TEAM TEPPEN)と直樹(BRING IT ONパラエストラAKK)の組み合わせが決まった。  白鳥は、サウスポーから繰り出されるパンチのテクニックを武器に、昨年はRISE WORLD SERIES-61kgトーナメントを制覇し名を挙げた。前回は、今年の7月に小川翔と対戦して、延長判定で勝利。現在12連勝中と波に乗る。  コメントを求められた白鳥は「お客さんが入るのは大晦日ぶりで、それだけでモチベーションが全然違う。間違いなく、優勝すれば国内最強といえるトーナメントだと思います」と今回のトーナメントを分析し、「俺が盛り上げる時が、ついに来たなという感じで、今後のRISEのためにも間違いなく優勝する気でいるので皆さん見ていてください」と覚悟の表情で意気込む。  1回戦で対戦する直樹については「解説で、出場決定戦を間近で見て、確実に去年より強くなっていて気が抜けない。でも、興味あるのは1人だけで、ワンデーなので、難しいとは思いますけど、早々にぶっ倒して決勝に上がりたい」と、逆のブロックの原口との対戦に向けて、早期でのKOを宣言した。  対する直樹は、変則的なパンチやカウンターテクニックで、今年の1月に日本人のみの4人制のワンデートーナメントに参戦すると、山口侑馬と北井智大を沈めて、世界トーナメントの出場権を獲得した。今回のトーナメントに参戦することになった。  今回のトーナメントに向けて、直樹は「(自分は)チャレンジの気持ちで挑める立場で、誰とやっても胸借りる気持ちで、突っ込んでいくのでよろしくお願いします」とコメント。直樹は、2019年に中尾満や松本芳道などの選手を撃破しているのにも関わらず、ベルトを巻くチャンスも巡って来なかった。その思いも晴らす覚悟だろう。  白鳥の、興味ない発言には「褒められたと思ったら貶されちゃって(笑)。1回戦で(白鳥と原口の試合を)求めてた人もいると思いますけど、決勝では出来ないかもしれないですね。それか、原口君に、ピンピン状態の白鳥選手が行ったら申し訳ないです(笑)。多少削っておくのでよろしくお願いします」と、笑いを誘った。 <対戦決定カード> ▼RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント 準決勝 (1) 3分3R /延長1R 白鳥大珠(TEAM TEPPEN/RISE WORLD SERIES-61kg世界王者、第5代RISEライト級王者) vs 直樹(BRING IT ONパラエストラAKK/スックワンキントーン スーパーライト級王者) ▼RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント 準決勝(2)3分3R /延長1R 原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/第6代RISEライト級王者) vs 西岡蓮太(龍生塾/SB日本ライト級王者/初代KNOCK OUT-64kg王者)

【関連記事】