Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

案里被告から口裏合わせのような電話、広島県議証言 案里被告「うふふ」、裁判長が注意

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中国新聞デジタル

 昨年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、公選法違反罪に問われた河井案里被告(46)=参院広島=の第11回公判が18日、東京地裁であった。自民党の平本徹広島県議(54)=安芸郡=が検察側の証人として出廷し、妻が案里被告から現金30万円を受け取ったと証言した。「参院選で応援してほしいとの趣旨で、危ない金と思った」と述べ、案里被告から口裏合わせの電話があったと明かした。 【図】河井元法相夫妻の公選法違反事件の争点  平本県議によると、自身の県議選中の昨年4月5日、選挙区の広島県海田町で開いた個人演説会に案里被告と自民党の桧山俊宏県議(75)が応援弁士として訪問。終了後に平本県議の妻が案里被告を見送る際、路上で30万円が入った白い封筒を差し出された。妻は一度は断ったが、人目につくので受け取った。平本県議は帰宅後、妻から「これ」と言って封筒を見せられたという。  平本県議は証人尋問で、案里被告の陣営の公選法違反疑惑が報じられた後の昨年12月に案里被告から「『あれなかったことでいいよね』と電話があり、口裏合わせのように感じた」とも証言。当時、自宅で家族と過ごしていた状況を説明していた際、案里被告が被告人席で「うふふ」と笑った。裁判長に注意され、案里被告は「すみません」と謝罪した。  30万円については「返金したかったが、機会がなかった」と弁明。(検察当局が捜査を本格化させた後の)今年4月に弁護士の名前で、案里被告の参院議員会館の事務所宛てに現金書留で30万円を送ったとした。  起訴状によると案里被告は昨年3~6月、元法相で夫の克行被告(57)=衆院広島3区=と共謀して県議ら5人に170万円を渡し、克行被告は同3~8月、この5人を含む100人に計2901万円を渡した疑い。両被告は現金提供の事実をおおむね認める一方で、買収の意図を否定し無罪を主張している。

中国新聞社

【関連記事】