Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧州のサッカーチーム、メディア企業の様相を呈しはじめる

配信

DIGIDAY[日本版]

サッカークラブはひとつの独立したメディアビジネスの様相を呈してきているなか、彼らの収益モデルはこれまでのスポンサーシップモデルからコンテンツ制作と配信へとフォーカスを移しつつある。 ファンに関する情報をできる限り収集するための予算をクラブたちはますます増やしている。サッカーファンをより理解すればするほど、ほかのチームではなく自分のチームでメディア予算を使うべきだと、広告主たちを説得することが容易になるのだ。パブリッシャーのように、FCバルセロナはサブスクリプションを使って、より多くのデータを獲得しようと考えている。

FCバルセロナにおけるCRM戦略

FCバルセロナは無料のストリーミングサービス「バルカTV+(Barca TV+)」を構築。バルセロナのプロダクション部門であるバルカ・スタジオ(Barca Studios)によって開発されたコンテンツすべてがこのサービスで配信される。試合のハイライトや1軍インタビュー、そしてBチームからのライブストリーム、女子チームのホームでの試合などがコンテンツとして含まれるという。 バルカTV+からの視聴データは、クラブがひっそりと構築しているCRM(顧客関係管理システム)に格納されると、最高マーケティング責任者であるギレム・グラエル氏は言う。 現在、クラブ内のさまざまな部門からのデータに加えて、リテーラーといった外部のソースからのデータも、CRMへ追加されている。 個人データを扱うことに伴うロジスティック上の、そして規則上の課題があるものの、バルセロナのようなクラブたちはオンラインであれ、オフラインであれ、ファン個人個人と繋がることには大きな商業的なメリットがあると考えている。同意に基づいた、上質な純化されたデータをクラブ側で所有し、スポンサーに渡せることは非常に強力な武器となるのだ。 「eコマースビジネス、もしくはストリーミングサービスを抱えていることは、サッカークラブにとっては珍しくない。だが、そのデータを持って、プラットフォームに存在する人々に抱き合わせ販売、もしくはより高価なものを販売することができることは珍しい」と、グラエル氏は言う。

【関連記事】