Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉沢亮、将棋電王戦の実話に着想得た青春映画で主演 『AWAKE』12月公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 2015年に行われた棋士VS.コンピュータの対局に着想を得た吉沢亮の主演映画『AWAKE』が、12月より公開されることが12日、配給のキノフィルムズより発表された。本作は、2017年に映画監督を発掘するプロジェクトとして行われた第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中からグランプリに選ばれたオリジナルストーリー。主演の吉沢は「とにかく脚本の面白さにやられました。素晴らしいスタッフ、キャストの皆さんと少しずつ形にして行く時間はとても幸せで、個人的に今まで出演した作品の中で一番好きです」とコメント。共演に若葉竜也、落合モトキ、寛一郎、馬場ふみか、川島潤哉、永岡佑、森矢カンナ、中村まことらが名を連ねる。 【動画】吉沢亮が杉咲花とダブル主演を務める新作  本作は、天才に敗れ棋士になる夢をあきらめた大学生が、ふとしたことで出会ったAI将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルと再戦を果たす物語。監督は、40歳の俊英・山田篤宏。ニューヨーク大学で映画を学び、これまで乃木坂46のミュージックビデオや短編映画で実績を積んできた彼が、本作で商業映画デビューを果たす。

 主人公の大学生・英一を演じるのは、先ごろ日曜劇場「半沢直樹」第3話の出演も話題を呼んだ吉沢亮。2021年の大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の主演に抜擢され、『青くて痛くて脆い』(8月28日公開)、『さくら』(11月13日公開)、新型コロナウイルスの影響で公開延期となった『東京リベンジャーズ』(公開日未定)、など3本の新作映画が待機中だ。本作では、周囲と関わりを持つのが苦手な内気な青年にふんする。

 英一が敗れたライバルの陸に若葉竜也、AI研究会の変わり者の先輩・磯野に落合モトキがふんする。

 モチーフとなったのは、2015年4月11日に行われた将棋電王戦FINAL第5局の棋士VS.AWAKE戦。開始からわずか49分、21手という異例のスピード決着となった。将棋プログラム・AWAKEの開発者は元奨励会員で、棋士の手がコンピュータの習性をついたものであったことから、当時ネットユーザーや将棋ファンの間で物議を醸した。

【関連記事】