Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

麒麟・川島明、大喜利で人生切り拓く リモート収録で問われる芸人の力量「より言葉が大事になる」

配信

オリコン

 「麒麟です」。この文字を見ただけで、あの低音ボイスが頭に響くという人も少なくないだろう。お笑いコンビ・麒麟の川島明(41)は、持ち前の美声を生かして、本業の芸人としての活動に加えてナレーション、朝ドラ出演など、マルチな分野で活躍しているが、その根底にあるのは“大喜利”だ。芸人を志すきっかけから、新型コロナウイルスの影響でリモート収録が増えてきた現在にいたるまで、大喜利力をフルに使って、独自の地位を作り上げている川島に、電話で取材を行った。 【画像】千鳥ノブなど、ムックには多彩なタレントが登場 ■松本人志『一人ごっつ』が決めた芸人への道 インスタでの“タグ大喜利”誕生秘話  川島が大喜利に興味を持ったきっかけとなったのは、1996年にダウンタウンの松本人志が始めた大喜利を主体とした深夜番組『一人ごっつ』(フジテレビ)。フリップを使ってお題に対する回答を行う「お題」、ひとつの言葉を様々な名称へと進化させていく「出世させよう」、写真を見て即座に回答する「写真で一言」など、数々の実験的なコーナーを行い、これまで『笑点』のイメージで一般的だった大喜利を、笑いのスポーツ化を促す新たなジャンルへと開拓していった。  当時、芸人になるか否かを悩みながら生活を送っていた川島は、高校卒業後、半年間アルバイトをしていた。「1日8時間ネジを締めるだけの仕事でした(笑)。その時、朝に録画していた『一人ごっつ』の大喜利の問題だけを見て仕事に行って、仕事中はずっと大喜利の答えを考える。それから家に帰って、松本さんの答えを確認して、こういう答えもあるんだって分析するという、大喜利の修行をしていましたね。周りのみんなが受験勉強とかをやっている中、僕は何もやってこなかったので、かっこよく言えば、芸人になるための自分なりの就職活動でした」。  鍛錬を重ねた川島は大阪NSCに入り、1999年に田村裕とお笑いコンビ・麒麟を結成。2001年の『M-1グランプリ』第1回大会では、ノーマークの中から決勝に進み、憧れだった松本から「僕は今まで(7番目)で一番よかったですね」と絶賛されて大きく注目を集め、売れっ子芸人へと駆け上がった。その後、漫才師としての立ち位置を確立させながら、川島は根っこの部分である“大喜利”でも才能を開花させていく。  2015年の『フットンダ』での王者を皮切りに、翌16年の『IPPONグランプリ』でも優勝。そんな中、自身のインスタグラムで「#(ハッシュタグ)」を使った大喜利を始める。きっかけは、寝室のエアコンを掃除した際のことだった。「カビが泡の力で落ちていく様子を見届けている僕の写真とともに『#ポケモンの対戦画面か』とタグをつけたところ、今までにないくらい『イイね』がついたんです。写真で一言でもなく、ツッコミでもない、この1枚の写真を表現するのにハッシュタグってすごく便利なのかもしれないなと感じました。これまでの写真でもお笑いができるんじゃないかなと思ったんです」。

【関連記事】