Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全米の学生たちが、マインクラフトの世界で「ヴァーチャル卒業式」を挙げようとしている

配信

WIRED.jp

青々とした芝生に覆われた広場に演台が置かれ、頭上には雲ひとつない青空が広がる。後ろにはドーリア式の柱が美しい新古典主義の神殿のような建物がそびえ立ち、左右には「Q」と「C」の文字が書かれたバナーがかけられている。「Quaranteen University」の頭文字だ。 「Minecraft Earth」のAR体験は、人と世界とのかかわり方を変える この大学の名前は、建物をつくった大学生や高校生の多くが置かれている非現実的な状況にちなんだものだ。「マインクラフト」の世界に存在するこの場所は卒業記念イヴェントの会場で、今年度に巣立っていく1,000人あまりの大学生たちが、ここで卒業証書を受け取る。 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって、全米の教育機関の多くは対面での授業や講義を一時的に停止している。通常ならこの時期に開かれる卒業式も、相次いで中止または延期されることになった。 一部の学校は急場しのぎではあるが、ZoomのようなWeb会議用のプラットフォームを利用して、学生生活の最後を飾るこの重要なイヴェントを実施することにした。わたしの母校では、卒業式はダンスと卒業生の入場行進で幕を開ける、今年の学位授与式はネットでの開催になり、卒業生の名は大学のウェブサイトに掲載される。ソーシャルメディアでキャンペーンを企画し、卒業生本人は自宅で家族などとともに個人的に祝うという形式を選んだ学校もある。

冗談半分での提案が現実に

ボストン大学4年のウォーレン・パートリッジに知らせが来たのは、春休みのことだった。新型コロナウイルスを巡る状況が悪化しているのは理解していたが、1週間後には学生寮が閉鎖されるという。パートリッジは「すぐに例年通りの卒業式は無理かもしれないと思って、がっかりしました」と話す。リモートでの卒業式では「特別」な気分は感じられないだろう。 パートリッジの同級生のルディー・ラヴィーンドランも、「大学最後の春がなくなってしまう気がして動揺しました」と言う。友人たちと最後の学期を過ごすことを楽しみにしていたし、みんなで卒業を祝いたかったからだ。 厳しい外出規制の措置がとられていた3月半ば、現実世界で卒業式ができないなら仮想世界でやってみるのはどうだろうというアイデアがひらめいた。パートリッジが冗談半分でマインクラフトを提案したところ、ラヴィーンドランからはすぐに「絶対に語り草になる。やってみよう」というメッセージが届いた。 青々とした芝生に覆われた広場に演台が置かれ、頭上には雲ひとつない青空が広がる。後ろにはドーリア式の柱が美しい新古典主義の神殿のような建物がそびえ立ち、左右には「Q」と「C」の文字が書かれたバナーがかけられている。「Quaranteen University」の頭文字だ。 この大学の名前は、建物をつくった大学生や高校生の多くが置かれている非現実的な状況にちなんだものだ。「マインクラフト」の世界に存在するこの場所は卒業記念イヴェントの会場で、今年度に巣立っていく1,000人あまりの大学生たちが、ここで卒業証書を受け取る。 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって、全米の教育機関の多くは対面での授業や講義を一時的に停止している。通常ならこの時期に開かれる卒業式も、相次いで中止または延期されることになった。 一部の学校は急場しのぎではあるが、ZoomのようなWeb会議用のプラットフォームを利用して、学生生活の最後を飾るこの重要なイヴェントを実施することにした。わたしの母校では、卒業式はダンスと卒業生の入場行進で幕を開ける、今年の学位授与式はネットでの開催になり、卒業生の名は大学のウェブサイトに掲載される。ソーシャルメディアでキャンペーンを企画し、卒業生本人は自宅で家族などとともに個人的に祝うという形式を選んだ学校もある。

【関連記事】