Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<フジ鈴木唯アナ>持ち味は「つっこみやすい雰囲気」 「めざましテレビ」でレオ様に得意の英語でインタビューも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
毎日キレイ

 フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜午前5時25分)で、火曜・水曜のエンタメキャスターを務めている鈴木唯アナウンサー。先輩アナウンサーから「鈴木だから聞けた」とインタビューを褒められたことが励みになっているという鈴木アナに、アナウンサーを目指したきっかけや相手のコメントを引き出すために気を付けていること、仕事の醍醐味(だいごみ)などについて聞いた。 【写真特集】フジテレビ鈴木唯アナ、ミントグリーンのセットアップが涼しげ… 全身も

 ◇小学生の頃から「テレビっ子だった」

 鈴木アナは東京都出身。早稲田大学卒業後、2016年に同局に入社し、現在は「めざましテレビ」、「Live News α」(月~木曜午後11時40分、金曜深夜0時10分)、「S-PARK」(土曜深夜0時35分、日曜午後11時15分)などに出演している。

 「テレビっ子だった」という鈴木アナは、「小学生の時に、フジテレビのバラエティー番組『クイズ!ヘキサゴンII』が好きで、そのあとに放送される『はねるのトびら』もよく見ていました。家でひたすらゴールデン帯の番組を見ているという生活で、自然とテレビが好きになりました」と語る。

 その頃から「アナウンサーになりたいと軽い気持ちで言っていましたが、それがいつの頃からか、テレビ局で働きたいと思うようになりました」と当時を振り返る。

 入社が決まった時、「家族はすごくびっくりしていました。母は『よかったじゃない』と私以上に喜んでくれました。母は昔から『アナウンサーの仕事はあなたに向いているんじゃない?』と薦めてくれていたので。祖母も喜んでくれましたね」と言い、「現在入社5年目ですが、家族は私が出ている番組をいまだに録画して見ているんですよ」と家族の応援が仕事の支えになっているようだ。

 ◇持ち味を生かして「相手の素の表情を引き出すことができた」

 2018年4月から出演している「めざましテレビ」ではエンタメコーナーを担当。共演している軽部真一アナウンサーから「鈴木だから聞けた。俺がやりたくてもああいうふうにはできない」と言われたインタビューがあったという。

【関連記事】