Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

iPhone 12のノッチは小さくならない? 新しいiPad Airも9月に発表か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 来月にも発表されると予想されているiPhone 12シリーズに関する新たなリーク画像が流出した。その画像を見ると、iPhone Xから採用されているあのデザインが踏襲されるようだ。その他のApple製品に関するリーク情報も明らかになっている。 【写真】動画でリークされた、iPhone12とされる新たなデザイン ・リーカーの意見が分かれている  テック系メディア『tom’s guide』は9日、iPhone 12シリーズのリーク画像が流出したことを報じた。画像をリークしたのはiPhoneシリーズの様々なコンポーネントの画像をツイートしてきたリーカーMr.whiteだ。同リーカーが7日にツイートした画像は、iPhone 12シリーズのディスプレイ部品と思われるものが写っている。  リーク画像を見る限りでは、iPhone Xから採用されているディスプレイ上部のノッチらしきものが確認できる。リーク画像には「Face IDは同じサイズ」というメッセージが添えられている。このメッセージから、iPhone 12シリーズには引き続きFace IDが実装されることもわかる。  実のところ、iPhone 12シリーズのノッチに関しては、リーカーのあいだで意見が分かれている。例えばtom’s guideの4日付の記事は、有名リーカーのひとりであるJon Prosserがノッチが小さくなると発言したことを報じている。  iPhone Xで有名になったノッチデザインは、瞬く間にハイエンドAndroid端末にも採用されるようになった。しかし最近では、ノッチレスなデザインがAndroid端末に採用されるようになった。例えば、Galaxy S20+ 5Gはノッチの代わりに、小さな穴のようなデザインを採用している。iPhoneシリーズに関しても、いずれノッチレスなデザインに移行して、ディスプレイサイズを最大化すると見られている。 ・LiDARスキャナは実装されないようだが...…  またUS版Forbesは8日、新しいiPad Airに関するリーク情報を報じた。報じられたリーク情報とは、日本在住のリーカーKomiyaがツイートしたものだ。そのツイートによると、来月には発表されるかも知れない新しいiPad Airは、超広角カメラのみが実装され、12メガピクセルだと言うのだ。  以上のようにリークされた新しいiPad Airの仕様は、今年リリースされた最新のiPad Proと比較すると、その価値が明らかになる。最新のiPad Proには広角カメラと超広角カメラが実装され、そのうえ高度なAR機能を実現するLiDARスキャナもある。しかしながら、iPad Proの超広角カメラは10メガピクセルなのだ。新しいiPad Airに実装されると言われている超広角カメラは12メガピクセルなので、超広角カメラに限って言えば新しいiPad AirのほうがiPad Proより優れていることになる。しかしながら、総合的なカメラ性能とLiDARスキャナの存在により、やはりiPad Proが新しいiPad Airよりハイエンドなモデルに位置づけられる。  もっとも、新しいiPad Airのカメラ性能についてのリークは今回初めて明らかになったものであり、リーカーのあいだで定説となっている内容ではない。それゆえ、今後異なった内容のリーク情報が流出する可能性は大いにある。 ・発売は10月に間に合わず  さらにテック系メディア『wccftech』は9日、新しいMacBookに関するリーク情報を報じた。このリーク情報もリーカーのKomiyaがツイートしたものだ。そのツイートには「私の新しい情報筋によると」、10月にはApple Siliconを搭載したMacBookおよびその他のApple製品は発表されることはない、というのだ。  Apple Siliconとは、オンラインで開催されたApple主催の開発者会議WWDC 2020で発表された同社純正チップのことである。同社プレスリリースによると、Apple Siliconを搭載したMacは今年の年末までに出荷されるとアナウンスされている。引用したリークツイートが正しいとすると、Apple Siliconを搭載したMacBookは今年の11月か12月に発表される可能性が高くなる。  もっとも、wccftechの記事ではApple Silicon搭載MacBookの発表は、2021年第1四半期にずれ込むのではないか、と述べている。発表が来年にずれ込む要因として指摘しているのが、コロナ禍の影響だ。周知の通り、コロナ禍の影響でAppleが構築した世界規模のサプライチェーンの稼働が一時的に低下した。その後サプライチェーンは回復に向かったが、世界経済は依然として停滞したままだ。こうした停滞した世界経済に配慮して、新しいMacBookの発表を来年に遅らせるという判断をくだすのは、決してあり得ないことではない。  以上のようにAppleはあらゆるカテゴリーの製品に関して、着実に進化したものを発表し続けると見て間違いない。しかしながら、今年は5G元年とコロナ禍が重なるという予測不能な事態が発生しているため、例年の動きが参考にならない。リーク情報に関しても、つぶさに精査する必要があるだろう。

吉本幸記

【関連記事】