Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岐阜県内、午後から激しい雨の恐れ 突風や落雷に注意

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岐阜新聞Web

 岐阜県内は11日、本州付近に前線が停滞している影響で雨雲が流れ込み、午後には中津川市や瑞浪市、飛騨市などで局地的に激しい雨が降った。名古屋地方気象台によると、12日も引き続き大気の状態が不安定で、午後には雷を伴う激しい雨が降る見込み。1時間雨量は美濃、飛騨地方ともに多い所で40ミリの予想で、同気象台は竜巻など激しい突風や落雷への注意を呼び掛けている。  雨の影響で、名鉄犬山線の新鵜沼-柏森間と広見線の新可児-犬山間の上下線で合わせて38本が運休、42本が最大1時間7分遅れ、約1万2千人に影響があった。

岐阜新聞社

【関連記事】