Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

かつては「女の東大」 少数精鋭の名門女子大「津田塾大学」とはどのような大学なのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

自立した女性を求めて

 津田塾大学(小平市津田町)と言えば、東京都内だけでなく全国の数ある私立女子大学の中で最高峰に位置づけられています。 【地図】緑に囲まれたキャンパス! 「津田塾大学」をチェックする  学部構成は2学部6学科で、 ・学芸学部(英語英文学科、国際関係学科、多文化・国際協力学科、数学科、情報科学科) ・総合政策学部(総合政策学科) となっています。  しかし各学科で異なるものの、近年の偏差値は50~60(河合塾調べ)と、かつて「女の東大」と呼ばれたブランド力は降下気味です。  津田塾大学さえも苦戦を強いられている背景には、優秀な女子学生が共学校へ進学する流れが加速していることが挙げられます。  同大は、「女性の社会進出」が国を挙げての喫緊課題となっているはるか前から、その最前線で戦う卒業生を多く輩出してきました。  ということで、今回は女子の高等教育機関として120年にわたり女子教育をけん引してきた津田塾大学の現在地を考えていきます。

創立者は満6歳で渡米、以来11年間滞在

 津田塾大学は岩倉使節団の女子留学生のひとり、津田梅子が1900(明治33)年に開校した女子英学塾を起源としています。  梅子本人は1871(明治4)年、満6歳のときに米国へ渡って帰国するまでの11年間、現地の学校で多感な時期を過ごしました。

創立当初からの少数精鋭スタイル

 最先端の教育を受けて戻ってきたものの、日本には当時、米国並みに女性が活躍する場がほとんどありませんでした。伊藤博文の依頼で華族女学校(現・学習院女子中・高等科)で英語指導に携わるものの、米国へ再度渡る夢を捨てず留学を果たすことになります。  1889(明治22)年から1892年までわたった2度目の留学は、女子英学塾創立につながるものとなります。  梅子は少数精鋭で知られる米国の名門女子大・ブリンマー大学(ペンシルベニア州)で生物学を学んだ後、米国に残って研究を続けるよう慰留を促されましたが、それを断り故郷である日本に戻ります。  帰国後は華族女学校のほかにも、東京女子高等師範学校(現・お茶の水大学)の教壇に立ちますが、良妻賢母を作る当時の教育機関ではなく、男性と対等に渡り合える自立した女性育成を目指し、私塾を開校しました。  津田塾大学は創立当初から現在に至るまで少数精鋭をモットーにしていますが、これは梅子自身の米国での経験が基になっています。  梅子の理念を継承し拡大路線を取らなかったことで「狭き門」となり、私立女子大で別格の存在になっていったのです。

【関連記事】