Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国経済、8月中に勢い増す-中小企業の景況感改善は頭打ちのもよう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Bloomberg

(ブルームバーグ): 中国経済は8月中に勢いが増した。工業部門と株式相場が強く、景況感や住宅・自動車販売も伸び、新型コロナウイルス感拡拡大に伴う低迷を主要国として最初に克服しつつある。

早めに発表される指標の分析に基づけば、中国経済は改善し続けている。7月の最終的な経済状況も当初の見通しより良好だった。購買担当者指数(PMI)や月後半に住宅・自動車販売が一段と堅調になったことが寄与した。

ただ、幅広い小売りセクターは引き続き低迷している。消費者信頼感と支出は回復しているが、外食やショッピングの力強い持ち直しがなければ、小売業がしっかりとした伸びを取り戻す公算は小さい。

消費の詳細

毎月500社余りの小規模企業を調査しているスタンダードチャータードによれば、中小企業の景況感は8月も改善が続いた。ただ、改善は頭打ちのようで、期待指数は若干低下した。

この調査を担当した同行の申嵐、丁爽両エコノミストは「コロナ後のV字回復が限界に近づいている可能性を示唆している。中小企業の新規受注は8月も増え続けたが、そのペースは3月以来初めて鈍化した」と説明した。

原題:China’s Economic Rebound Picks Up Speed on Car and Home Sales(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Bloomberg News

【関連記事】