Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「坊主バー」店主&僧侶の藤岡善信さんに聞く! 「怒り」を減らす方法って?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

「自分の怒り」「人の怒り」「世間の怒り」それぞれについて、対処の仕方を浄土真宗 僧侶 藤岡善信さんに教えてもらいました。怒りは克服できないものとしつつも、感情にブレーキをかけたり意識的に避けることで心が穏やかに。 【画像】コロナ禍の“怒り”あるあるエピソード 【浄土真宗 僧侶 藤岡善信さん】 浄土真宗本願寺派僧侶。さまざまな宗派の僧侶が店員として在籍するバー「坊主バー」(東京都新宿区荒木町6)にて店主を務めている。

怒りとは… 三毒のひとつ。克服できないもの

◆対自分: 怒っている自分を俯瞰して、ブレーキをかける ◆対人 : 意識を遠くに切り離し、怒りを受けすぎないようにする ◆対世間: 怒りとの縁をつくらない。怒りがある場所を避ける 自分も相手も正しくないと思えば楽になる 「人間には貪り、怒り、愚痴という代表的な三つの煩悩があり、これをなくすのは非常に難しいんですよ。なので、“怒り”自体をなくそうとするのは遠回りです」 仏教的にも、“怒り”自体は消し難い感情。ではどうすれば? 「怒っている自分を俯瞰できるようになるといいですね。“今私は怒っているな”と認識するだけでもブレーキになります。最初はできないかもしれませんが、修行です。“俯瞰できる自分になりたい”と思い、繰り返し気をつけていくことで、身についてきます」 怒りをぶつけられたときも、“俯瞰”で考えることが大切。 「相手の怒りの中にある本質を探してください。正しい指摘なら受け止めるべきですが、理不尽なことであれば、意識だけでもその場から遠くに離してしまいましょう。正しさも間違いも時代によって変化するもの。絶対的に正しいものなんてない、自分も相手も正しくない、“娑婆なんてこんなもんだ”と思うと気が楽になりますよ」 対世間や対見知らぬ人の怒り対策は“縁をつくらない”ことだそう。 「怒りと縁ができてしまうから、つらい気持ちになってしまう。“見る”という縁をつくらないよう、怒りがある場所を避ければ、心を乱されることはありません」

怒っている自分を見つめるもう一人の自分を意識

「“自分を俯瞰する自分”は感情にブレーキをかけてくれます。自分と向き合い、“自分だって正しくない”と思うことも、怒りを減らす一歩です」 イラスト/描き子 取材・文/東 美希 構成/菅井麻衣子<BAILA> ※BAILA2020年10月号掲載

【関連記事】