Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

芸人の飲食経営に「東西差」大阪は前面に押し出すもリスク高

配信

SmartFLASH

 会社に人生を預けっぱなしでは、いよいよヤバくなってきた昨今。不安定な芸能界を生き抜く芸人たちも、絵本作家、YouTuber、小説家など、“副業” を始めている。なかには、成果を収めている人も。今回は、芸能記者の中西正男氏に、芸人界の “副業動向” を聞いた! 「いまの時代、お笑い一本で売れることは本当に難しい。ネタがおもしろいことに加えて、なんらかの付加価値が必要になってきています。副業もそのひとつですが、芸人さんの副業事情も、東西で違いがありますね」  その「違い」とは、何か。 「たとえば飲食店経営の場合、たむらけんじさんの『炭火焼肉たむら』、土肥ポン太さんの青果店『ポン太青果』のように、大阪の芸人さんのほうが、副業を前面に押し出している印象があります。  副業をしていることをネタにしていて、本業とリンクさせているんです。それは、知名度を利用して飲食ビジネスをしているというより、『身近な存在に感じてもらおう』という、大阪の土地柄ゆえでしょうね。  東京の芸人さんの場合、隠しているわけではないけれど、あまり大っぴらにはしない。加藤浩次さんは中目黒で『成吉思汗ふじや』をやっています。  加藤さんが前面に出ていらっしゃるわけではないのですが、私が取材したら、きちんと答えてくれました。北海道時代の恩人のために、資金を出したそうなんです」  一方、注目されることにはリスクも。 「はなから悪口をSNSに書き込むために店に行く人もいますし、何かあるとすぐに本業に影響が及んでしまい、レギュラー番組を失いかねません。  このご時世で、たむらけんじさんは、『一部の店でテイクアウトをおこなうものの、万が一に備えて、大阪府の休業要請の前にすべての直営店舗の休業を決めた』とおっしゃっていました。  取材する立場として見ていると、得な部分も大きいけれど、損な部分もたいへん大きいと思いますね」 なかにしまさお 1974年生まれ 大阪府出身 立命館大学卒業後、デイリースポーツに入社。12年に退社。大阪を中心に取材活動を続ける (週刊FLASH 2020年5月5日号)

【関連記事】