Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【J1ベストイレブン】清水のブラジリアンが今季ベストパフォーマンス!3チームから2名ずつをセレクト|17節

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

3ゴールすべてに絡んだタイ代表が初選出!

 J1リーグは、9月19・20日に各地で、第17節の9試合が行なわれた。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。    3試合ぶりの先発となった清水のブラジリアンアタッカーが、今季のベストパフォーマンスを見せた。    湘南との一戦に、カルリーニョス・ジュニオとのブラジル人コンビで2トップの一角を務めたジュニオール・ドゥトラは、試合を通して前線でのプレスや動き出しを繰り返し、最後までハードワーク。86分にドリブル突破から右足を振り抜き、今季初ゴールをマークすると、さらに終了間際のダメ押し弾につながるダイレクトシュートを放った。チームの9試合ぶりの勝利に大きく貢献したJ・ドゥトラを今節のMVPとした。    首位固めに成功した川崎からは、山根視来と家長昭博をセレクト。前者は鮮やかなボレーシュートで先制点で奪いチームに勢いをもたらし、後者は極上のスキルを存分に発揮して抜群の存在感を見せた。    2連勝を飾った昨季王者横浜からは、3ゴールすべてに絡む活躍を示したティーラトンと、開始わずか45秒の先制点と追加点をアシストしたエリキを選出した。    さらに破竹の6連勝と波に乗る鹿島からも2名をチョイス。3戦連発となる決勝ゴールを挙げたエヴェラウド。そして再三のビッグセーブでチームを救った沖悠哉を選んだ。    そのほか、見事なボール捌きで攻撃にリズムを生み、先制点も決めたFC東京の三田啓貴。左サイドで何度も圧巻の突破を見せ、自ら得点も挙げた大分の田中達也。中盤でまさに壁となり、相手のパスを寸断した名古屋の稲垣祥。安定感のある守備で無失点に抑えたG大阪のキム・ヨングォンをチョイスした。 【PHOTO】J1第17節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!

【今節のベストイレブン】の採点&寸評

【今節のベストイレブン】 GK 31 沖 悠哉(鹿島)7 ●初選出 72分、73分とビッグセーブを連発するなど6連勝に大きく貢献。出場した試合は7勝1分けと無敗の21歳だ。   DF 13 山根視来(川崎)7 ●4回目 立ち上がりこそ試合に入れていなかったが、鮮やかなボレーシュートで先制点を奪い一気に息を吹き返す。その後は精力的なアップダウンと家長昭博との息の合った連係で攻守に厚みをもたらした。   19 キム・ヨングォン(G大阪)6.5 ●初選出 最後まで安定感のあるプレーで味方に安心感を与えていた。戻りながらの守備技術は相変わらず非凡なもの。   5 ティーラトン(横浜)7 ●初選出 この日、左ウイングバックで先発したタイ代表が出色のパフォーマンス。コントロール、スピードで特徴を発揮し、質の高いクロスやフィードで3ゴールすべてに絡む活躍を見せた。   MF 15 稲垣 祥(名古屋)6.5 ●2回目 動き回る米本拓司とは対照的に、巧さのあるポジショニングで相手の勝負パスをことごとく寸断。CKではファーに流れてくるボールのフィニッシャーとして機能し、新たな一面も見せた。   11 田中達也(大分)6.5 ●初選出 38分には3試合連続ゴールを決めたが、自ら得たPKは止められた。それでも左サイドでキレキレの突破を見せ、相手を翻弄した。   7 三田啓貴(FC東京)7 ●初選出 13分にクイックリスタート、躍動感溢れるドリブルから左足を一閃。見事な先制弾でチームに活力を与え、その後も気の利いた動き、ボール捌きで存在感を放った。   FW 41 家長昭博(川崎)7 ●4回目 浦和のプレッシャーをモノともしない極上のスキルと異次元のリズムで、ひとり違いとなっていた。安心感と存在感は抜群だった。   17 エリキ(横浜)7 ●初選出 開始45秒の先制点と追加点アシストでチームに勢いを与える活躍。交代するまで運動量も落ちなかった。   9 エヴェラウド(鹿島)7 ●2回目 90分間を通して相手の脅威に。高さやキープ力だけでなく、こぼれ球を見逃さず3戦連発で決勝点をマークした。   THIS WEEK MVP 11 ジュニオール・ドゥトラ(清水)7 ●初選出 86分にドリブルで持ち運び、見事なミドルを決めると、後半アディショナルタイムにもダメ押し点につながるシュート。スピード、パワーで湘南守備陣を上回り、常に相手の注意が集まる存在だった。   ※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。 採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。 ●は今シーズンのベストイレブン選出回数。   構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】