Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

息が詰まりそうだったコロナ禍での夫とのふたり暮らし。厄介な夫を変えた孫との生活

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

取材・文/大津恭子 定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面する、環境や生活リズムの変化。ライフスタイルが変わると、どんな問題が起こるのか。また、夫婦の距離感やバランスをどのように保ち、過ごしているのかを語ってもらいます。 [お話を伺った人] 間宮淳子さん(仮名・61歳) 専業主婦。セミリタイア中の夫・仁さん(63歳)とふたり暮らしだが、現在、訳あって娘・さくらさん(31歳)と孫・有ちゃん(2歳)が同居している。

厄介なじいじはどこへ? 孫の保育園送迎で清潔第一、規則正しい生活に

息が詰まりそうだった厄介な夫とのふたり暮らしは、娘と孫の突然の帰省によって、やや風向きが変わってきた。 1週間ほどして、淳子さんが娘に「いつ引っ越すの?」と聞くと、思いがけない返事が返ってきた。 「私、離婚するの。仕事を続けなければならないから、しばらくここから通わせて。お願いします」 慌てた間宮さん夫婦は、なんとか元の鞘に戻らないかと画策したそうだが、時すでに遅し。 夫の転勤が決まった昨年末から話し合いを進め、「コロナ禍の中、信頼を失った夫についていくことは自殺行為だと思った」(さくらさん)のだそうだ。 さくらさんの意志は固く、すでに離婚届を提出するだけの段取りになっていた。 「ダブルショックです。娘の離婚もショックですけど、どちらかというと、先を越された感が強くて。なんで私より先に離婚しちゃったの? って。一緒に暮らすのは全然かまわないけど、きっと孫の世話をしながら、厄介な主人の面倒を見続けることになるんだと思うと、絶望的な気持ちになりました。もちろん、娘だってつらいでしょうから、サポートはするつもりです。それでも、気が重いったらありゃしない……」 実際、これまで以上の家事負担が淳子さんの肩に重くのしかかったのは事実だ。 孫のミルクや食事はさくらさんが用意するものの、幼児の着替えやタオル類が増えたことで、洗濯量は3倍以上になり、部屋の片づけや掃除も、より気を遣わなければならなくなった。 それでも、孫がいる暮らしは笑いが絶えず、忘れかけていた明るい食卓になり、良い面も多かったという。 「心持ちがリセットされた感じです。大変なのはウチだけじゃない。今はみんなが頑張らなきゃいけない時ですし。でも、何かにつけて歳をとったなあ、と感じます。孫はかわいいけど、男の子なので家の中で走り回るし、体力面で相当キツイのが本音です」

【関連記事】