Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型「フェアレディZ」はパトカーになるか? 歴代すべて警察使用の和製2ドアスポーツ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
乗りものニュース

衝撃的だった初代「フェアレディZ」パトカーの登場

 2020年9月16日(水)、日産自動車は新型「フェアレディZ」のプロトタイプモデルを世界に向け発表しました。 ★★初代「フェアレディZ」パトカー&新型Zを写真でたっぷり★★  フェアレディZは1969(昭和44)年に初代が発表された日産の伝統的ブランドで、50年以上の歴史があります。駆動方式は一貫してFR(フロントエンジン・リア駆動)で、デザインはいわゆる「ロングノーズ・ショートデッキ」と呼ばれるボディラインを堅持してきました。  受け継がれてきた伝統はそれだけではありません。初代のS30型から、連綿とパトカーとして警察で運用されてきた実績を持っている、数少ないスポーツカーでもあるのです。  フェアレディZのパトカーが最初に配備されたのは、警視庁高速隊(高速道路交通警察隊)です。1970(昭和45)年に高性能モデルの「Z432」が1台、高速隊本部に配備されたのを皮切りに、翌1971(昭和46)年に4台の「Z432」が、開通間もない中央自動車道を取り締まるため府中分駐所(当時)に配備されました。  1972(昭和47)年には日産の寄贈で神奈川県警高速隊に「240ZG」が配備されます。同車は37万km以上を走り、1980(昭和55)年に退役。神奈川県警の交通安全センターで展示されたのち、2004(平成16)年に寄贈元の日産に返還され、同社で大切に保管されています。  なお警視庁や神奈川県警以外に、三重県警などでも初代フェアレディZのパトカーが使用されています。

もうすぐ15年選手 栃木県警のZ33型パトカー

 1978(昭和53)年8月、フェアレディZは2代目、S130型系にモデルチェンジします。2代目のパトカー仕様では、屋根上の赤色回転灯が中央のみの1灯式から、左右にまたがるバータイプの大型2灯式になっています。配備先は警視庁や神奈川県警、静岡県警などでした。  その後もフェアレディZは、1983(昭和58)年に3代目のZ31型系、1989(平成元)年には4代目のZ32型系と、順次モデルチェンジを繰り返しますが、これらのタイプも複数の都道府県警で採用され、パトカーとして運用されています。  さすがに4代目のZ32型系のパトカーまでは退役しているものの、2002(平成14)年7月に登場した5代目のZ33型系と、2008(平成20)年12月にデビューした6代目のZ34型系の2種類はパトカーとして2020年9月現在、現役で使われています。  古い方のZ33型系を運用するのは栃木県警です。2007(平成19)年に日産が同県警に寄贈した車両で、グレードは「Version NISMO」です。そのため標準車と異なるエアロバンパーや大型スポイラーなどを着け、ホイールも大径のものを履いています。  配備先は宇都宮市の西隣、鹿沼市に所在する県警高速隊本隊で、「110」の希望ナンバーを付けて東北道を中心に活動しています。

【関連記事】