Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【J1注目プレビュー|第13節:浦和vs大分】両者の課題は決定力、粘り強さを見せて勝ち点3を掴むのは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2020年8月29日(土) 19:00キックオフ 浦和レッズ vs 大分トリニータ [埼玉スタジアム2002] 【動画】J1リーグ第13節を数字でプレビュー ◆課題は決定力、進化中の成果を見せられるか【浦和レッズ】 前節はホームにヴィッセル神戸を迎えた浦和だったが、得意としていた神戸の前に1-2で敗戦。敗因は決定機を生かせなかったことだろう。 第9節の名古屋グランパス戦で6失点と大敗した浦和だったが、その試合からは守備面が改善。チームとしての成長が見られる中で、次の課題は決定力と言える。 これまではレオナルドが5試合連続ゴールとチームを支えてきたが、そのレオナルドも神戸戦では不発。その他の選手にチャンスが訪れても、なかなか決め切れていない現状がある。 守備面は継続して高い集中力を維持しているだけに、得点力が加われば上位を狙えるだろう。レオナルド以外の選手の奮起に期待だ。 今節対戦する大分は昨シーズンも連敗。相手に主導権を握られたまま何もできずに敗れている。今節は中位から抜け出すチャンス。浦和がホームで白星を掴めるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔 MF:長澤和輝、エヴェルトン、柴戸海、関根貴大 FW:興梠慎三、レオナルド 監督:大槻毅 ◆粘り強さを見せ3戦ぶり勝利へ【大分トリニータ】 5連敗の闇に入り込んだ大分だったが、ここ3試合は1勝2分け。前節はホームに柏レイソルを迎え、0-0のゴールレスドローに終わった。 勝利という結果は掴めなかったが、7戦連発中のFWオルンガを完封。ディフェンス陣としては大きな自信を手にしたはずだ。 また、柏戦ではピッチの幅を広く使うワイドな攻撃を展開。ボールを握りながら主導権を握るスタイルを見せたが、決定力を欠いてしまった。 相性の良い浦和が相手だが、相手の粘り強い守備は大分の苦手とするところ。また、レオナルドをはじめ実力あるアタッカーが多い浦和だけに、集中した守備は見せなければいけない。 今節もボールを握り、主導権を掴んで試合を運ぶことができるのか。浦和の組織を崩壊する戦い方ができるかに注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ムン・キョンゴン DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、島川俊郎、長谷川雄志、香川勇気 FW:渡大生、髙澤優也 FW:伊佐耕平 監督:片野坂知宏

超WORLDサッカー!

【関連記事】