Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハイアットブランド北陸初進出! 個性の異なる2ホテルが金沢に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CREA WEB

 JR金沢駅金沢港口(西口)前の複合施設「クロスゲート金沢」内に、インターナショナルホテルブランド「ハイアット」の北陸初進出となる2つのホテル「ハイアット セントリック 金沢」と「ハイアット ハウス 金沢」が2020年8月1日(土)に同時開業した。 魅惑のコラボや限定メニューも! 一流ホテルのアフタヌーンティー3選

フルサービス型ライフスタイルホテル

◆ハイアット セントリック 金沢  「ハイアット セントリック」は「ハイアット」のフルサービス型ライフスタイルブランドのひとつ。「ハイアット セントリック 金沢」は、銀座に続いて日本2軒目となる。  そんな「ハイアット セントリック 金沢」は、金沢の伝統工芸や歴史を反映しつつ、コンテンポラリーなテイストを取り入れたインテリアデザインが特徴的だ。  館内には100点以上のアート作品が配され、その大半が金沢ゆかりのアーティストの手によるもの。ユネスコ創造都市・金沢にふさわしいアーティスティックな空間を演出している。  客室は、スイート7室を含む全253室。  金沢ならではのアートワークとシンプルモダンなデザインで彩られた客室は、すべて32平米以上とゆったりとしたスペースを確保し、窓際には金沢の街を見渡せる大きな窓とソファを設置。  ツインやキングタイプでも3名での利用が可能だ。  Bluetoothスピーカーや、無料Wi-Fiなど、快適な滞在にほしい最新設備も十分に備わっている。  料飲施設は、地元の食材をふんだんに使用したグリル料理が特徴のオールデイダイニング「FIVE - Grill & Lounge」と、最上階のオープンエアスペースが心地よいバー「RoofTerrace Bar」がある。  「FIVE - Grill & Lounge」では、能登ポークや能登牛、金沢港で水揚げされた新鮮な魚介など、北陸ならではの食材をたっぷりと使用し、素材の味を豊かに仕上げるグリル料理がメインメニューだ。  ダイニングは、宿泊ゲストはもちろんビジター利用も可能。地元の人たちも楽しめるようにと、個室やパーティプランを用意するほか、ケーキセットやスイーツが楽しめるカフェ利用に最適なラウンジも併設している。  そして最上階の14階に位置し、オープンエアのエリアもある「RoofTerrace Bar」は、まるで金沢の街に浮かんでいるかのような開放感に満ちたルーフテラスバーだ。  金沢が生んだ文豪・泉鏡花の作品にオマージュを捧げたシグネチャーカクテル「Hana-Ayame」や、地酒をベースにした「Game Changer」など、ここでしか味わえないオリジナルカクテル。そして厳選されたワインやビールなど幅広いセレクションから好みの1杯を嗜みながら、この空間のために造られた唯一無二のアート作品とともに金沢の夜を堪能したい。 ハイアット セントリック 金沢 所在地 石川県金沢市広岡1-5-2 クロスゲート金沢内電話番号 076-256-1234(代)http://hyattcentrickanazawa.jp

【関連記事】