Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

お菓子の袋やチラシもゴミ袋に。昭和の台所テクでゴミを減らす

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

レジ袋が有料になり、エコバッグを使うことが推奨されていますが、それにより各家庭で買い物の仕方やゴミの出し方に変化が起きています。 自分が出すゴミの多さに気づいたというのはライフオーガナイザーの尾花美奈子さん。お菓子の袋やチラシなどをゴミ袋に利用するテクを紹介してくれました。 お菓子の袋の口を大きく開いてゴミ袋に<写真>

レジ袋有料化はゴミの出し方への反省と見直しのきっかけに

レジ袋有料化で、今まで無料でもらっていたレジ袋のありがたみを知った人も多いのではないでしょうか。 ニュースでは、お店のサッカー台に置かれている、肉や魚のパックなどを入れる無料のポリ袋を大量に持ち帰る問題が起きたり、市販のレジ袋の在庫ぎれや購入点数の制限など、手に入りづらくなったところもあると聞きます。 また「ゴミ出しのために市販品のポリ袋を買ったら、結局レジ袋の削減になっていないのでは」という声もあるようです。

私はレジ袋有料化以前からエコバッグを使い、無料のレジ袋はもらわずに100円ショップのポリ袋を買うことにしていました。自分で買うようになって生じた変化は、できるだけ使う枚数を減らしたいという節約の気持ちと、自分が出すゴミの多さへの気づきでした。 それからは、家にあるもので代用できるならそうして、ポリ袋を使う枚数が少なくなるように心掛けています。枚数が減れば出費を抑えることができるし、市販品を買うことに対する疑問も減るのではないのでしょうか。

●ポリ袋削減のために(1)捨てる袋は最後にもうひと働き

ポリ袋の使用枚数を減らすのに役に立つのが、お菓子の袋や冷凍食品の袋などです。 本来はプラマークがついていてリサイクル回収に出すものですが、内側に油汚れやにおいがついて落ちない場合は可燃ゴミ(燃えるゴミ、燃やせるゴミ、一般ゴミ)として捨てることになります。

でもその前にもうひと働き。キッチンで生ゴミを捨てるのに使います。 袋の口を大きく開いてゴミ箱などの容器に立てれば、調理中に出るゴミを思ったよりたくさんキャッチできます。 同じ捨てるにしても、もうひと働きしてもらうことで市販のポリ袋を1枚使わずにすみます。

【関連記事】