Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新装備満載でコスパ最強。新型レヴォーグに搭載されたスバル「新世代アイサイトX」の進化が超絶スゴい!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

新型レヴォーグに搭載された「新世代アイサイトX」が話題だ。何がどうスゴいのか? 速攻試乗した自動車ジャーナリストの小沢コージが解説する! 【写真】新世代アイサイトXの運転支援システム ■コスパ最強のアイサイトX! ガチでスゲェ! 久々に「この機能だけでマジ買いしたい!」ってクルマに遭遇したぜ。それはスバルのアイサイトXだ。 アイサイトXは今年10月にフルモデルチェンジするスバル入魂のスポーツワゴン・レヴォーグに初搭載される高度運転支援システムのこと。この次世代アイサイトの進化がマジでハンパないのだ! そもそもアイサイトは2008年に初登場。10年に大幅に機能が強化されたver.2をレガシィに初搭載。「ぶつからないクルマ?」という刺激的なCMで人気に火がついた。当時、スバルのディーラーには「アイサイトください!」と客が殺到したという有名な話がある。 ちなみにアイサイト発売翌年、レガシィのアイサイト装着率は実に8割強。そしてインプレッサ、フォレスター、XVと年々装着車は増加。現在グローバルでの装着車は300万台を軽く突破している。 ただ、そんなアイサイトも後発の日産プロパイロットやトヨタセーフティセンス、今年中に出るといわれるホンダのレベル3運転支援機能に話題をかっさらわれており、かつてのインパクトがなくなっていたのも事実。しかし! 今回登場したアイサイトXで再びドカーンと進化した。 オザワは8月アタマに開催された新型レヴォーグのプロトタイプ試乗会でアイサイトXを試した。注目はやっぱしハンズオフ機能だ。 これは昨年、日産スカイラインのプロパイロット2.0が初搭載して大きな話題を集めた機能だ。ドライバーが前方を注視し、クルマが車線内を自動追従していればステアリングから両手を離すことができる。スバルでは渋滞時ハンズオフアシストと呼ぶ。コイツはまさに完全自動運転一歩手前の機能であった! とはいえ、プロパイロット2.0が高速道路の制限速度内で作動するのに対してアイサイトXは高速道路の渋滞時、時速50キロ以下でしかハンズオフ走行できない。 なぜか? それは性能差というよりは自動車メーカーの思想の違いにある。スバルは「わずらわしい渋滞中はシステムに運転を任せて、それ以外の領域は積極的にスバルの性能を楽しんでほしい」という考え。新型レヴォーグはあくまでも「ファン・トゥ・ドライブ」の目線だ。

【関連記事】