Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プレミア初優勝を果たしたリヴァプール…クロップ体制初陣のメンバーは今どこに?

配信

SOCCER KING

 6月25日に悲願のプレミアリーグ初優勝を飾ったリヴァプール。エジプト代表FWモハメド・サラーやイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソン、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクといった世界トップレベルの選手たちをそろえ、圧倒的な強さを見せつけた。ユルゲン・クロップ監督は就任5年目にしてチームを頂点に導き、イングランドのトップリーグで優勝した初のドイツ人指揮官となった。  では、クロップ監督が就任した当時のリヴァプールでは、どんな選手たちがプレーしていたのだろうか。今回はクロップ体制の初陣となった2015年10月17日のプレミアリーグ第9節トッテナム戦(0-0)に出場したメンバー13名を、背番号とともに紹介する。 ※年齢は7月2日時点のもの

▼GK 22 シモン・ミニョレ(ベルギー代表/当時27歳→現在32歳)

 ミニョレは2013年からリヴァプールに在籍し、当初は正GKを務めていたが、失点につながるミスを繰り返したことで定位置を失い、昨年夏にクラブ・ブルージュへ移籍。新天地では守護神としてゴールマウスを守り、今シーズンのリーグ優勝に貢献した。

▼DF 2 ナサニエル・クライン(元イングランド代表/当時24歳→現在29歳)

 2015年夏にサウサンプトンからリヴァプールに加わったクライン。1年目はリーグ戦33試合に出場するなど、右サイドバックのレギュラーを務めていた。しかしケガによる離脱や、トレント・アレクサンダー・アーノルドの台頭により、2017-18シーズン以降は出場機会が激減。今シーズンは公式戦で全く出番を得られないまま、先月30日の契約満了をもってクラブを退団した。

▼DF 37 マルティン・シュクルテル(元スロヴァキア代表/当時30歳→現在35歳)

 現在はトルコのバシャクシェヒルに所属しているシュクルテル。リヴァプールには2008年1月から在籍していたが、2016年夏に退団したため、クロップ監督とともに過ごしたのは半年ほどだった。それでも今年1月には、指揮官のモチベーターとしての手腕を高く評価し、「世界最高の監督」と絶賛していた。

▼DF 17 ママドゥ・サコー(フランス代表/当時25歳→現在30歳)

 2013年の加入以来、左利きのセンターバックとして活躍。しかし2016年夏のプレシーズンツアー中に遅刻を繰り返したことでクロップ監督の怒りを買い、リザーブチーム行きを余儀なくされた。2017年1月にはクリスタル・パレスへレンタル移籍。同年夏に完全移籍が成立し、現在もクリスタル・パレスでプレーしている。

【関連記事】