Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

買われたクチコミ。Googleマップ、Amazon、楽天で横行か。 温床になっていたのは…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

Amazonや楽天市場、Googleマップなどで、「サクラ」として商品や飲食店などに高評価な口コミを書き込む行為が、クラウドソーシングサイトで売買されている。ネットで商品を購入したりGoogleマップで食事の場所を選んだりする際、多くの人々は、ユーザーのレーティングとコメントを参考にしている。意図的に高い評価のコメントを書いて謝礼を受け取ることは、こうしたサービスへの信頼を根底から崩しかねず、GoogleやAmazonなど各社は、こうした行為を禁止している。クラウドソーシングサイト側は、BuzzFeed Newsの取材に、こうした口コミの売買を巡る書き込みの存在を認め、「規約違反」として見つけ次第ユーザーに連絡を入れているという。また、Amazonも自社サイト内のクチコミの調査に乗り出していることを明かした。【BuzzFeed Japan / 千葉雄登】

クチコミの売買、その実態は?

対価を伴う口コミ投稿の売り込みや買い付けが相次いでいるのは、クラウドソーシングサイト「ココナラ」。 「口コミ(クチコミ)」と「Google」「Amazon」「楽天」のキーワードでそれぞれ調べると、口コミの売買案件が多くヒットした。こうした案件は「クチコミ」と調べただけでも、「おすすめ順」の上位に表示されていた。 あるユーザーの1人は1月10日の段階で「Lv5の私達がGoogle 口コミ致します」と投稿。Googleマップに表示される飲食店を好意的なコメントをつけ、高くレーティングする仕事を1件1000円で請け負っていた。 評価・感想の欄には依頼者と思われる人々の「大変助かりました!また宜しくお願い致します」「また機会があれば、どうぞお願い申し上げます」といったコメントが寄せられていた。このユーザーの「販売実績」は6件だった。 仕事内容の詳細欄では「レビュー時にはGoogleマップに登録されている内容やWebサイトなどをチェックしてレビューを行います」と説明。実際に体験した上での口コミではないことが読み取れる。 また「飲食、医療関係、美容関係、宿泊施設、観光、異なるスマホで別人物なので、ペナルティを受ける可能性は低いと考えています。ローカルガイドレベル5の2人です」としており、複数のアカウントを別々のスマホで管理し、口コミを投稿していることもうかがえる。

【関連記事】