Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

将棋と落語は似たセンス(立川談笑)

配信

NIKKEI STYLE

将棋界が熱いですねえ。連日、藤井聡太七段の話題でもちきりです。そして、そんな将棋と落語はどちらも古くから伝わる日本の文化です。2つの世界は遠いようで意外に近い。今回は、落語的な視点から将棋の魅力に迫ってみます。 3年前のこと。落語界ではちょっと困ったことがありました。というのも「新規で扇子が作れない」事態になったのです。我々が普段、高座で使うのは白扇。どんな演目にも邪魔にならないよう白の無地。よく見ると端に名前がちょこっとだけ書いてある。落語家それぞれがオリジナルデザインの手ぬぐいを作っているのは知られていますが、実は扇子も同様なのです。

■配る白扇が確保できない

特に真打ち昇進披露には必須で、のし袋に入った名入りの扇子を関係各位に配るのが恒例です。またほかにも、名刺代わりに使ったり、独演会で販売したり。ところがそれが作れない。私も困った本人です。いつも発注する扇子屋さんに問い合わせたら「いやあ、扇子の数が確保できないんですよ」と。 扇子不足の原因は藤井聡太フィーバーなのでした。すい星のごとく現れた若き天才棋士の名入りの扇子が飛ぶように売れていて、日本中の在庫がみんなそっちに行っちゃったんだって。「あれあれ? 扇子なんて普段使いや日本舞踊用だとか様々あるだろうに、なぜよりによって落語家用の扇子が……?」と思ったら、棋士が使うのと落語家が使うのとは同一の規格なんですって。これは私も知らなかった。 とまあ、今回はこんな無駄知識が続きますよ。わはは。 落語家に将棋好きは多くて、昔の楽屋には将棋盤があるのが当たり前だったといいます。出番直前まで将棋を指していて「じゃ出番だからこのまま待っててね。すぐ戻るから」なんと言い残して高座に上がったりとか。 その昔、東京・日比谷にあった東宝演芸場の楽屋にも将棋盤があったそうです。先日、それが現存するとの写真入りの新聞記事を目にしました。桂文我(かつら・ぶんが)師匠が保管されているという、その盤面の裏には名人たちの名前がずらり。古今亭志ん生、五代目柳家小さんなどなど。みなさん将棋が好きだったんですね。 当時の同好会が「待った倶楽部(くらぶ)」。この名称は「あっと! その一手、ちょっと待った!」と、下手同士が対局する、いわゆる「へぼ将棋」で飛び出すセリフがもとです。そんな落語家らしい自嘲的な名をあえてつけているあたり、私なんかは逆に(ほほう。皆様意外に本気だったのね)とニヤリとしてしまいます。 将棋は落語の演目の中にも登場します。 筆頭が「浮世床」。床屋に町内の若い衆が集まって、いろんなことをしてうだうだしている。それだけの話です。将棋を指したり、本を読み聞かせたり、色っぽい恋の話をしたり。いくつかのシーンで構成されているので、高座では1シーンだけでもいいし、2、3シーン続けてもいい。時間調整には持ってこいの話でもあります。本と将棋の部分を演(や)ったときには楽屋のネタ帳に「浮世床 本~将棋」と記録されます。 本編はこんな感じ。夢中で将棋を指している二人の会話です。 「そっちの持ち駒はどうだい?」「えーと、金、銀、王と歩が3枚かな」「金、銀、王に、歩が3枚か。となると、こっちは……」。わはは。まさにへぼ将棋。だらだらと楽しいだけの時間が過ぎていきます。 「将棋の殿様」という古典落語もあります。将棋に凝ったお殿様が、文句が言えない家来たちを相手にわがまま三昧の対局で勝ち続ける話です。今風にいうならパワハラ将棋。そして最後には立派な家来に痛烈なしっぺ返しをくらいます。 この落語を初代三笑亭可楽(さんしょうてい・からく)が将軍・徳川家斉の前で語った、などという逸話が残っていますが、私は眉唾だなあと思っています。初代可楽は200年ほど前の江戸落語草創期の人。初代立川談笑も同じころ活躍しました。

【関連記事】