Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

住宅ローンを借りる人の年収や頭金の目安は? ゆとりある返済比率の目安を知っておこう 

配信

ダイヤモンド不動産研究所

マイホームの購入を考えるとき、どんな年齢、年収の人が住宅ローンをいくらぐらい借りているのかという「目安」を知っておくと便利だ。そこで、年収、年齢ごとの借入額の目安など、住宅ローンを借りている人の実態を紹介しよう。この目安を知ることで、余裕を持った返済計画が立てられるだろう。(フリージャーナリスト・福崎剛) 年収500万円、フラット35ならいくら借りられる?

住宅ローンの借り入れは、30代~40代を目安に

 マイホームを購入する際、高額な不動産を一括で購入できる人はほとんどいないため、大半の人が住宅ローンを利用する。住宅ローンの借入期間は最大で35年だが、その割に低金利で借りられるのが特徴だ。  融資の担保として、銀行が不動産を抑えているため、ほかのローンに比べて低金利で優遇されているが、返済が滞ればマイホームを手放すことになる。そのため、余裕を持った返済計画を立てなければならない。  では、実際に住宅ローンを組む人は、どれくらいの年代が多いのだろうか。ここでは、年齢の目安を見てみよう。  図表1は、はじめて住宅を購入する「一次取得者」の年齢を表したグラフである。国土交通省の「令和元年度 住宅市場動向調査報告書」(令和2年3月)によれば、一次取得者は、中古マンション以外の住宅について「30歳代」が最も多いことが分かる。  【図表1】住宅購入者(一次取得者)の年齢は?  住宅ローンの返済は長期間にわたるため、早めに返済を開始したほうが、将来の負担が軽くなる。また、長期間ローンを組めれば、それだけ多く返済できるので、より多額の住宅ローンを借りられるということになる。そのため、30代から借り入れる人が多いのだろう。  なお、住宅ローンの返済ができるのは、80歳前後までという銀行が大半となっている。 【関連記事はこちら】>>住宅ローンに年齢の上限・制限はある? 15銀行・金融機関の審査基準を徹底比較! 80歳未満まで審査基準を緩和した銀行が多数

住宅ローンを借り入れる人の年収の目安は? 

 住宅ローンを借りる人は、どれくらいの年収の人が多いのか。実際に住宅ローンを組んだ人たちの年収(世帯年収)の目安はいくらなのか調べてみたところ、最も多いのは、世帯年収が400万~600万円の層だった。また、世帯年収が400万~800万円の人たちが約60%を占めていることがグラフから分かる(図表2)。  また、年収400万円以下でも約10%が住宅ローンを組んで購入している。年収400万円だと、月々の手取りは約26万円(ボーナスなし)となるが、それでも住宅ローンを組めないわけではないのだ。  【図表2】住宅ローンを組んだ人の世帯年収は?  民間の銀行だと、サラリーマンであれば、前年度の年収が最低でも200万~400万円ないと、住宅ローンの申し込みさえできないことが多い。フリーランスでも同様の基準を持っている銀行が多い。  一方で、全期間固定金利の「フラット35」なら、前年度の年収が少しでもあれば申し込むことが可能となっている。 【関連記事はこちら】>>「勤続年数6ヵ月」「年収100万円」でも住宅ローンは借りられる!? 主要18銀行の審査基準を徹底比較

【関連記事】