Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アメリカの「セブンイレブン」、日本と「商品」は全然違っていた…!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
現代ビジネス

 スターバックス、マクドナルド、セブンイレブン。これらの世界企業はすべてアメリカ生まれだ。スタバやマクドナルドは、日米で多少メニューが異なるが、店舗の雰囲気はほぼ同じ。一方セブンイレブンは、店内の雰囲気も、販売されているフード類もやや異なる。 【写真】期待を裏切らない「米セブンイレブン」の商品はこちら 今回は、アメリカの本家セブンイレブン(7-Eleven)が、日本の店舗とどれほど違うかレポートしたい。

店舗によってはスロットマシーンも

 米国内にセブンイレブンは8835店舗ある。約3分の2はフランチャイズ経営、約3分の1はコーポレートによる直接経営のようだ。  筆者の住むニューヨーク州には563店舗。同州でスタバはわりと乱立しているが、セブンイレブンはスタバと比べて数が多い印象はない。歩いていてたまに見かける程度だ。実際、筆者の生活圏に店舗がないのでこれまでほとんど利用したことがない。今回はほぼ初体験となった。  そもそも、コンビニエンスストアは1920年代にアメリカで生まれたものだ。その後、70年代に日本にも登場して以来、日本国内で急激に発展していき、今や日本人には欠かせないものになった。各店の競争もあって、売られている物やサービスはアメリカの比ではないくらい上質だ。  一方、本家アメリカのコンビニはやや異なる。例えばニューヨークでは、セブンイレブン以外にもドラッグストアや街角のボデガ(食料雑貨店)、ガソリンスタンド併設店が、日常生活で利用されることが多い。品物やサービスは、日本に比べてそれほど成熟しておらず、日本を訪れたアメリカ人は、日本のコンビニ文化にド肝を抜かれる(自動販売機にも! )。日本のコンビニは世界でも有数の高い品質を誇っているのだ。  そんな米国のセブンだが、店舗によって販売されているものは微妙に違う。例えばカジノの街ラスベガスには、スロットマシーンが置いてある店舗もある。一方ニューヨークでは、宝くじ機や合鍵複製機は見かけるが、スロットマシーンは見かけない。  日本では当たり前のようにある雑誌コーナー、菓子パンコーナー、おにぎり、おでん類もアメリカの店舗にはない。その代わりに、アメリカのセブンイレブンには欠かせないサービスがいくつかある。

【関連記事】