Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「習い事、続かない問題」どうしたらいい?【薄井シンシアさんの「育児書を捨てよ、子どもを見よ!」第10回】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

子どもが習い事に行きたがらない!

今回は、習い事についてのご質問にお答えしたいと思います。日本の親御さんとお話しすると、よく「習い事が続かない」とか「習い事に行きたがらない」といった話を聞きますが、そもそも続ける必要があるのでしょうか。これは国や文化によって異なるかもしれませんね。今回は、私の習い事に対する考え方をお話ししたいと思います。 Q:息子に何かスポーツをやらせたいと思い、これまで野球、柔道をやらせましたが、半年も経たないうちにやめてしまいました。何がやりたいのかよく分からず、また、一つのことが長続きしないことも気になります。(40歳・女性)

習い事は、トライアル

A:冒頭でもお話しした通り、日本では、習い事に関して「続けるか、続けないか」という点で悩んでいる方が多いように見受けられます。でも、なぜ悩むのでしょう? 私は、無理をして続けなくてもいいと思うのです。習い事は、トライアルだと思っています。子どもにとって可能性を試す機会だと考えれば、無理をして続けるより、その機会を増やす方を、私なら選びます。どんどんトライして、嫌ならやめていいんだと。 私の娘が、そうでした。ニューヨークで幼稚園へ通っていた当時、最初にやった習い事は、バレエでした。仲良しの友達がやっていたからです。でも、先生の指導方法が娘には合わなくて、結局半年余りで辞めました。ただし、このとき、娘は自分から辞めたいと言ったわけではありません。ある時期から、レッスンに行く時間になると、浮かない顔をするようになったのですね。レッスン中も、ちっとも楽しそうではありません。その姿を見かねて、私は娘に聞きました。「バレエ、楽しくないの?」。「……うん」。「じゃあ、やめる?」。「うん」。一瞬、買って間もないユニフォームやタイツが脳裏をよぎりましたが(笑)、私は、その日のうちにやめることを先生に伝えに行きました。このとき、もし私が娘の「行きたくない」というシグナルを見逃していたら、娘はストレスを感じながら、そのまま続けていたかもしれません。 その後、娘の習い事は一年ごとに変わりました。ジャズダンス、タップダンス、和太鼓、歌……。まるで飛び石を跳ねるように、はい、次! はい、次!と次々習い事を変えましたが、私はひと言も反対しませんでした。娘が自分で決めたことですし、プロになるわけではないのですから。

【関連記事】