Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

6月末で終了したキャッシュレス・消費者還元事業、今後もキャッシュレス決済を使い続ける人の割合は?

配信

@DIME

老若男女問わず、当たり前のようにキャッシュレス決済を利用している今の時代。その普及を後押しした要因の一つが10月より開始された「キャッシュレス・消費者還元事業」になるわけだが、同施策も6月末をもって終了となった。 キャッシュレス・消費者還元事業は消費者行動にどのような影響を与えたのだろうか?また、終了後はどのような展開が予想されるのだろうか? そんな「キャッシュレス決済の今後」を、Visaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」の利用実態を例にとって考えるレポートを紹介していきたい。 ※イメージやグラフなどの画像が削除されていない元記事は「@DIME」にてご覧になれます。 2020年6月末にキャッシュレス・消費者還元事業が終了! キャッシュレス決済が急成長する起爆剤となったのは、2019年10月の消費税増税と同時に始まった「キャッシュレス・消費者還元事業」だ。 この事業では、消費者が店頭で行うキャッシュレス決済に対して、中小事業者では5%、コンビニエンスストアやガソリンスタンドなど大手企業のフランチャイズ事業者では2%のポイント還元を国が補助*1(直営店は対象外)。キャッシュレス決済で購入した場合にお得になることから、消費者の利用が一気に加速した。 しかし、この施策には期限があり、2020年6月末をもって終了することが予定されている*2。 *1:具体的なポイント還元の仕組みや対象事業者については、「キャッシュレス・消費者還元事業」のウェブサイトを御覧いただきたい。 *2:2020年4月末日時点での情報。 世の中の変化「キャッシュレス決済の利用が増えた」 「キャッシュレス・消費者還元事業」のスタートは、世の中の消費行動にも大きな影響を与えている。 MMD研究所とビザ・ワールドワイド・ジャパンが2020年1月に共同で実施した調査によると、20歳~69歳の男女50,000人のうち約4割が「(還元事業開始前後で)キャッシュレス決済で支払うことが増えた」と回答している。 具体的にどのようなキャッシュレス決済手段を使用しているかについては、半数を超える52.1%が「クレジットカード」と回答している。キャッシュレス=スマホ決済というイメージが強いが、実際のところはクレジットカードの利用が電子マネー、QRコード決済などと比較して圧倒的に多いのが現状だ。 「キャッシュレス・消費者還元事業」終了後の見通しは? この「キャッシュレス・消費者還元事業」は6月末で終了するが、この施策によって多くの人がキャッシュレス決済のしくみを生活のなかに取り入れて、そして実際に利用したことで、キャッシュレス決済の利用は今後も成長していくことが予想される。 MMD研究所とビザ・ワールドワイド・ジャパンが共同で実施した調査でも、消費者のキャッシュレス決済に対する評価では「支払いがスピーディー」(47.1%)、「日常的に使いたい」(23.7%)、「実用的だと感じる」(22.1%)といった声が上位に挙がっており、「キャッシュレス決済のポイント還元事業が終わったら、キャッシュレス決済の利用頻度はどう変わると思うか」という質問に対しては、18.6%が「増えると思う」、68.5%が「変わらないと思う」と回答。「減ると思う(12.9%)」を大きく上回っている。 利便性の体験+環境整備によってキャッシュレス決済はさらに加速する 2019年10月から開始されたキャッシュレス還元事業は、これまでキャッシュレス決済を利用したことがなかったかたがたに、広くその利便性を体験してもらう機会を提供した。 例えば、これまでクレジットカードといえば「大きな買い物に使う」というイメージがあったが、コンビニやスーパーにおける少額のお買い物でも気軽にクレジットカード/デビットカードによるキャッシュレス決済を活用するライフスタイルが生まれつつある。 今後もキャッシュレス決済に対応する店舗の増加や、店頭での利用方法の簡易化などが進めば、生活者へのキャッシュレス決済の浸透はさらに加速するのではないだろうか。 Sony Bank WALLET の利用実態からわかるキャッシュレス決済の実態 こうした世の中の動きに合わせて、ソニー銀行が発行するVisaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」 の発行枚数も大幅に増加している。 では、利用者はこの Sony Bank WALLET をどのように活用しているのだろうか。 2020年2月時点のデータをもとに国内・海外のショッピングご利用金額の集計が行われたところ、1件あたりの決済単価は「500円から3000円」が52.2%と最も多く、次いで「500円未満」が23.5%と、少額決済の利用が7割を超えるという結果に。 利用店舗もコンビニ、スーパー、交通機関などが上位にランクインしており、「小銭での現金支払いをキャッシュレス決済で簡単にする」という利用者が多いことがうかがえる。 加えて、国内だけでなく海外での利用にも活用しているのが特徴で、全体に占める海外でのショッピングの割合は16.4%、海外のATMにおける現金引き出しは3.8%。国内外で Sony Bank WALLETを活用していることがわかる。 出典元:ソニー銀行株式会社 構成/こじへい

@DIME

【関連記事】