Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

障がい者にバイクを!伝説の不良バンド「クールス」が世に恩返し

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

 リーゼントに革ジャン姿でバイクにまたがる――。そんなスタイルに、かつての少年たちが憧れたロックバンド「COOLS(クールス)」は、岩城滉一や舘ひろし、クレイジーケンバンドの横山剣が在籍し、チェッカーズをはじめとする数々のバンドに影響を与えてきた、伝説の “不良” バンドだ。  そのクールスでリーダーを務めるのが、佐藤秀光氏(69)。佐藤氏が本誌に明かした、故内田裕也氏や故安岡力也氏ら、日本ロック界の大御所たちとの交遊秘話は、大きな反響を呼んだ。そんな佐藤氏が、社会貢献に目覚めたという。 「昔はいろんな人に迷惑かけたから、今度は、世の中に対して恩返しがしたいんだよね。とくに今は、障がいで困っている人を手助けしたいという思いがあるんだよ」  すでに、バイクを通して20人ほどの身体障がい者の “夢” を、かなえてきたという。 「『トライク』っていう三輪のバイクを、身体障がい者の方たち向けに作っているんだよ。トライクは、アメリカでは歴史がある乗り物。マフィアが抗争で撃ち合いしたり刺されたりして、体が不自由になったりするでしょ。そうすると、バイクの代わりにトライクに乗るんだよ。  トライクは、三輪だから転倒しにくい。だから、手や足に障がいがある人でも乗れるように、トライクを改造しているんだ。やっぱりバイクは、風を感じて走れるから最高なんだよね。障がいのある人たちも、人の手を借りるんじゃなくて、自分の運転で風を感じて乗れるからね。すごくいい乗り物なんだよ」  さらに佐藤氏は、家族への “恩返し” も始めたという。 「じつは最近、嫁と娘夫婦、それに5歳と3歳の孫でバンドを始めたんだよね。『The.Sugar』っていうバンドなんだけど、家族3世代でつくるバンドって珍しいでしょ。子供がいるから、COOLSよりぜんぜんポップなんだけどね。  孫娘なんか、5歳なのにギターを毎日何時間も練習してる。けっこう、いいギタリストになるんじゃないかな(笑)。しかも孫娘は、『Fight!』っていう障がい者支援プロジェクトに参加して、CDも出しているんだよ。偉いでしょ!」  不良のレジェンドも、孫のかわいさには勝てないようだ。 写真・CHOPPER F-Pro Hagi

【関連記事】