Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Tableauで「散布図」「地図上にグラフ」「箱ひげ図」の3つのグラフを作成する #14

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

今回は、Tableauで次の3つのグラフの作り方を学んでいきます。 ・散布図 ・地図上にグラフ ・箱ひげ図

前回は、「円グラフ」「ツリーマップ」「ハイライト表」を作りましたね。  

散布図

木田: Tableauで散布図の作り方を学びましょう。散布図は、2つの指標の相関を調べるときに用います。たとえば、「セッションが多いときは、コンバージョンが多いのか?」といったことが調べられます。今回は、セッション数と直帰率をさまざまな条件で比較して、それぞれどのような関係があるのか調べてみましょう。 ■ 日別のセッション数と直帰率の「散布図」

木田: まず、「日別のセッション数と直帰率の散布図」のVizを作ってみます。

木田: 「メジャー」の「直帰率」を行シェルフに、「メジャー」の「セッション」を列シェルフにドラッグします。

木田: 実は、今までお伝えしてこなかったですが、「セッション」や「直帰率」をダブルクリックするとシェルフにドラッグせずとも、移動できるんです。もし、行と列を間違えてしまった場合も「軸の切り替え」で簡単に入れ替えられましたね。

木田: 日別でセッション数が表示されるようにするために、「ディメンション」の「日付」を右クリックして、「マーク」の「詳細」にドラッグします。

木田: 「フィールドのドロップ」が表示されるので、「月/日/年(日付)」を選択して「OK」で閉じます。

木田: すると「日別のセッション数と直帰率を比較」したVizが完成しました。Web担の記事は、セッション数が多くても直帰率は80%程度で落ち着いているということがわかります。

■ デバイス別のセッション数と直帰率の散布図

木田: 次は、「デバイス別のセッション数と直帰率の散布図」を作って、デバイス別でセッション数と直帰率を比較してみましょう。

木田: まず、先ほど作った「日別のセッション数と直帰率の散布図」のビューの下にある「シート」を右クリックして、「複製」を選択します。