Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナで無期限休業の保護猫カフェ、猫たちの運命は 女性経営者の悲痛な叫び

配信

47NEWS

 「この状況が続けば、店を畳まざるを得ません。そうすれば、猫たちの行き場もなくなってしまう」。大阪・難波で保護猫カフェ「猫の恵庭」を経営する中野理恵(なかの・りえ)さん(33)が猫をあやしながらこぼす。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため3月末から休業。収入はなくなり、苦しい状況が続く。大阪府は5月16日、一部の施設への休業要請を解除したが、「ここで緩めたらまた感染が広がってしまうから、店は当面開けられない」。ウイルスが人間に及ぼす影響は、共に生きる猫にまで波及している。(共同通信=坂野一郎)  ▽店に泊まり込む  「だんご、頑張れ。ちゃんとお水飲んで。頑張れ、頑張れ」。5月6日、中野さんは客のいない静かな店内で、病気の猫に薬をあげていた。推定15歳になるおばあちゃん猫の「だんご」は猫カリシウイルスによる肺炎を患い、自分の力で食事ができない状態だ。看病するため店に泊まり込む日々が続いている。「コロナでお店が大変でも、私がいないとこの子たちは生きていけない。しっかりしないと」。カフェには、飼い主が亡くなったり、捨てられたりした保護猫30匹近くが暮らしている。

 保護猫カフェは、自治体やボランティア団体に保護された捨て猫や野良猫を引き取って、訪れた客への譲渡を目指す仕組み。カフェの収益を運営資金にして、保護シェルターと飼い主探しもする。2010年ごろから全国に広がり、中野さんは18年5月1日に「猫の恵庭」をオープンした。大好きな猫たちを守り、幸せに暮らせる新しい家族を見つけてあげたいと願いを込めた店だ。これまで、約40匹が引き取られていった。  ▽貯金切り崩す  今はとにかくお金が出て行くばかりだ。営業していなくても家賃、光熱費、餌代が重くのし掛かる。休業要請支援金の申請を準備しているが、受給できるかどうかはまだ分からない。だんごが動物病院で治療を受ければ点滴などで1回数千円、数日連続で通院が必要な時期もあった。そして、自分自身の生活費も。常連客はキャットフードやトイレ用のペットシーツなど、温かい支援物資を送ってくれるが「このままだと、いただいた物資を使う店自体がなくなってしまうんです」。営業再開の見通しは立たず、切り崩した貯金と、支援者からの寄付で店と生活を維持している。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS