Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「同飛車大学」生みの親・豊川七段がツイッターで…ファン「本家きたぁーー!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 将棋の第61期王位戦第4局2日目が20日、福岡市の大濠公園能楽堂で始まった。木村一基王位(47)に、藤井聡太棋聖(18)が挑む大一番。藤井棋聖が今局で勝利すれば王位獲得となり、史上最年少の18歳1カ月での二冠&八段昇段となる。前日の1日目、藤井棋聖は約20分考えた末、封じ手を行ったが、この日開封された封じ手が「△8七同飛成」という驚きの一手。これにツイッターでは「同飛車大学」がトレンド入りし、話題となったが「同飛車大学」の“生みの親”でもある豊川孝弘七段が20日、ツイッターで「同飛車大学!」とつぶやいた。 【写真】封じ手を立会人に渡す藤井棋聖  「同飛車大学」とは、オヤジギャグが得意な豊川七段が考えたといわれ、「同飛車成」の時に使われる、将棋界では有名なギャグ。藤井七段の驚きの封じ手が「同飛成」だったことから、ネットではまさか?のトレンド入りとなった。  豊川七段はくしくも、この日の王位戦の副立会人。生でこの「同飛車大学」を見たことになり、ファンはその反応にも注目。すると豊川七段は正午過ぎにツイッターで「同飛車大学!」と一言だけつぶやき、ファンからは「これが本家の同飛車大学ですね!」「本家きたぁーー!」「同志社OBとして光栄に存じます」などのコメントが寄せられていた。

【関連記事】