Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

何の変哲もない改札の画像?意外な真実にTwitterでいいね殺到

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 パッと見はただの日常のワンシーン。しかし、そこに隠された真実を知ると誰かに見せたくなってしまう。Twitterに投稿された1枚の画像が話題となっている。 【映像】え!近くから見ても...改札の画像が凄い  それは美大生のYUKIMONさん(@Yuki112071)が投稿した京王線の改札の画像。一見何の変哲のない改札の写真に見えるが、実はこれは絵。傷が入り周囲のものが写り込んだ自動改札機の金属部分、光るICの文字、薄汚れた地面、奥を歩く人の足…全ては徹底して写実的に描かれたものなのだ。  あまりにもリアルなこの絵に、「絵なのか本当に分からないので証拠が欲しいレベル」「これが絵であることの根拠を絵の中に探しましたが、見つけられませんでした」「一瞬写真のネタツイかと思いました、本当にすみませんでした」などと驚きの声が殺到。9.4万件以上のいいねが寄せられている。(9月28日13時30分時点)  YUKIMONさんは元々京王線のピンクの改札は好きで、写真を撮ってそれを元に今回の絵を作成したとのこと。大変だったのは「質感の描きわけ」。「金属部分やマットなピンクの部分、光ってる所など…大変でしたが、頑張ったところなので注目してみて欲しいです」とコメントしている。

【関連記事】