Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大鶴義丹が北朝鮮の工作員に「国家に身を捧げた男をどう演じるか」…「めぐみへの誓い」8.24公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんの悲劇を描いた映画「めぐみへの誓い」(野伏翔監督)がこのほど完成し、24日、憲政記念館(千代田区)で完成披露試写会が催された。「単なるプロパガンダでも写実でもなくエンターテインメントに昇華させた」と野伏監督が語る意欲作。めぐみさんを拉致した工作員シンガンシュンという難役を演じた大鶴義丹(52)に話を聞いた。   ◇  ◇  ◇ 「僕が演じたシンガンシュンは拉致事件の実行犯という戦後最大の大悪役。ですが、私利私欲で動く強盗や殺人犯とも悪党とも違う。歪んでいるとはいえ国家からの責務に身を捧げた男をどう演じたものか……。非情に難しくて複雑な心境でした」 ■朝鮮語指導は脱北者の元アナウンサー  国家事業としての拉致に手を染めるマシンのように冷徹な工作員。人間関係も偶然を装った接触も、計算尽くされた不気味さがスクリーンから漂う。役者としてのキャリアは長い大鶴だが、苦労したのが初めての朝鮮語のセリフだった。 「1月から専門家についてレッスンを始めたのですが、なんとその先生は脱北者で元アナウンサーの女性。現在は日本人と結婚し増田京子さんとしてメディアにも出ている方でした。あの独特の口調のニュース番組もマネしていただきました。似てますね~と言ったら、北のニュース番組に出ている女性アナウンサーの本当の後輩だから当然ですというので2度ビックリです」  韓国語とも異なる北朝鮮のなまりやイントネーションが身につくまで苦労したそうだが、途中、こんな背筋が寒くなる瞬間もあったという。 「先生に言われたのは、この作品は北朝鮮も必ずチェックしている。あなたは工作員役だから北をおとしめている。入国したら現地で逮捕されますよ。絶対に行かないでくださいと。北朝鮮観光は諦めました」

 撮影は3月7日からスタートして31日にクランクアップ。コロナ禍のいまなら撮影できないこんなシーンもあるという。 「内縁の妻役の仁支川峰子さんとのキスシーンです(笑い)。今だとコロナ対応で濃厚接触できませんからね」  北朝鮮による拉致問題は現在進行形の国家による犯罪であることを痛感させられる渾身の一作。映画は来春に劇場とネット配信で公開予定だ。 (取材・文=米田龍也/日刊ゲンダイ) 

【関連記事】