Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【鹿島】町田&上田&杉岡、東京五輪トリオの特別てい談「今できることをやるだけ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サッカーマガジンWeb

あの悔しさがあったから今があると言えるように(杉岡)

――今年1月にタイで行なわれたU-23アジア選手権に3選手とも出場しました。大会を振り返ると? 町田 チームとしても個人としても「内容と結果が伴わず」という感じだったので、悔しさが残っています。ただ、オリンピックの本番じゃなかったことが唯一の救いかなと。まだまだ挽回するチャンスがあるという意味で。 杉岡 どんなことがあっても勝たないといけない大会でした。周りから厳しく批判されたけれど、それも当然のことだと思う。この負けを次に生かしていけるかどうか、そこは僕らの頑張り次第。みんなが危機感をもって取り組んでいかないといけないです。 上田 グループステージで敗退したという事実は変えられないし、ここで何をいってもいい訳にしかならない。あの結果が、あのときの僕らの力ですからね。でも、こういう逆境的な状況はマイナスじゃない。どこまで成長できるか。それによって僕らの価値や評価も変わってくると思うので。 杉岡 あとで振り返ったとき、あの悔しさがあったから、今があるといえるようにするには、それぞれの今後の取り組みにかかっているよね。 ――U-23日本代表はどのようなサッカーを目指しているのですか。 町田 基本は3バック。でも、対戦相手や試合の展開によって4バックにしたり、臨機応変な戦い方をする。そこの対応力がすごく求められているよね。 杉岡 森保(一)監督からは「どんな形になっても柔軟に戦えるようにしよう」と言われています。 町田 アントラーズでは4バック主体だけど、昨シーズンは(本職の)CBだけじゃなく、左サイドバックでもプレーしました。そういう経験は自分にとって大きかったと思う。 杉岡(3バック主体の)湘南では、左のアウトサイドや左のCBでプレーしていました。複数のポジションができるのは自分の強み。アントラーズではまた新たな戦術の下で、プレーするので、そこをポジティブにとらえてチャレンジしていきたいです。 上田 僕は複数のポジションをこなすというよりFWとしてスペシャルな役割を求められていると思う。そういう意味では、得点以上の貢献はないので、目に見える結果で、自分の存在価値を高めていきたいです。 ――オリンピックの選手枠は18名。オーバーエイジの3人が加わるとなったら、ポジション争いはさらにし烈ですね。 町田 そこを勝ち抜いてこそのオリンピック出場。厳しい競争を楽しめればと思います。 杉岡 今まで呼んでもらっても、これからのプレー次第で(自分の状況が)どうなるか、分からない。候補メンバーはたくさんいるし、選手それぞれが日々、成長している。本当の意味でチャンスをつかんだ18名が選ばれるのだと思いますね。 上田 オリンピックのメンバーが発表される1カ月前に何かが変わるかもしれない。その直前の試合で何かが変わるかもしれない。もしかしたら、18名のなかに初招集の選手がいるかもしれない。そこは誰に分からないわけで……。 杉岡 選ばれるにしろ、選ばれないにしろ、今、自分ができることを、地道に、しっかりやっていくしかないと思います。 町田・上田(うなずく) ※てい談の本編は鹿島イヤーブック「KASHIMA ANTLERS YEARBOOK2020」に掲載

サッカーマガジンWeb編集部

【関連記事】