Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【鹿島】町田&上田&杉岡、東京五輪トリオの特別てい談「今できることをやるだけ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サッカーマガジンWeb

2020年シーズンを戦う鹿島アントラーズには、東京オリンピックのU-24日本代表候補が複数人いる。大会の開催は来年7月に延期されたが、大会1年前、さらにJ1リーグが再開されるこの機会に、町田浩樹、上田綺世、杉岡大暉の五輪候補トリオによる鼎談(ていだん)をお届けしよう。オリンピックへの思いやそれぞれの接点、印象など、イヤーブック「KASHIMA ANTLERS YEARBOOK2020」に未掲載の特別編だ。※取材はシーズン前に実施。 てい談は同世代ならではのリラックスした雰囲気の中で行なわれた(写真◎平岩享) 取材・文◎小室功 写真◎平岩享

スギが加入するのを知らなかった(町田&上田)

――今季、杉岡選手が鹿島に加入しました。 町田 僕はまったく知らなくて、それこそ(移籍の話を)聞いたのは公表される直前だから。 上田 それとなくウワサでは聞いていたけれど……。 杉岡 ほとんど誰にも言わなかったから(苦笑)。 ――知らない仲ではないだけに「鹿島にいくよ」と、早めに連絡してもいいような気がしますが? 杉岡 特に深い意味はないけれど、何となく連絡しませんでしたね(苦笑)。僕自身、初めての移籍なので、多少不安がありました。でも、鹿島にはマチ君や綺世がいるから、すんなり溶け込めたと思う。 ――U-24のオリンピック代表は年齢の近い選手ばかりですが、ピッチを離れたときの雰囲気はどんな感じなのですか。 杉岡 アンダー世代だからなのか、逆に年齢を気にしてしまって、わりと同じ年齢の選手同士で固まっているかもしれない。 町田 なんとなく席が決まるよね。食事のときとか。 上田 マチ君は97年生まれで、スギと僕は98年生まれ。97年の早生まれの選手もいるから、学年でいうと、僕らより2つ上の選手もいる。 杉岡 ただ、そういうなかで、僕は転々とできるタイプ。大事なのは、スムーズな人間関係なので(笑)。ほかの学年の選手にもさりげなく近づく。 町田 スギはうまいよね。ふだんは寡黙なのに(笑)。 上田 メディカルルームにいることも多いんじゃない? 町田 そう、スギは“メディカルの番人”だから(笑)。 杉岡 特にやることないからね、僕はメディカルルームでぐうたらしています(笑)

【関連記事】