Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メルセデス・ベンツの疑問「なぜシートは硬くてハンドルが大きい?」

配信

Auto Messe Web

クルマ造りの本質がわかるエンジニア達の語録

 これから紹介する内容は、筆者が1970年初頭から1980年代にメルセデス・ベンツのオーソリティから教わった内容で、エンジニアから聞かされてきた、いわばメルセデス・ベンツのエンジニア達の語録。当時のノートにそのつど記録した内容をまとめたものです。古臭い話である事は確かですが、メルセデス・ベンツがどのようなクルマ造りをしてきたかを端的に知る事ができ、エピソードとしては興味深いでしょう。 メルセデス・ベンツのシート断面図【画像】  まずは、本題に入る前に知っておきたいのが、ヤングクラシック・メルセデスの存在。2代目Sクラス/W126(1979~1991年)、初代Eクラス/W124(1984~1996年)、新世代コンパクト190シリーズ/W201(1982~1993年)、3代目SL/R107(1971~1989年)であると言えます。現在も根強い人気を誇る名車ばかりですが、どのようなクルマ造りの思想が行われてきたのでしょうか。

シャーシはエンジンよりも速く

「走る」「曲がる」「止まる」を追求し、メルセデス・ベンツの技術陣が到達した独自の設計哲学。つまり、シャーシを構成するサスペンション、ステアリング、ブレーキ、タイヤなどの要素は、エンジン性能をフルに発揮し、最高速度で走る時でも充分な余裕を残さなければならないという発想です。  仮にもパワーを持て余す様なロードカーは好ましくない。常にメルセデス・ベンツは「誰でも安全に運転できるクルマ造り」を心がけているからです。  ハンドリングのコンセプトは極めてニュートラルに近い、弱アンダーステアが基本。高速走行やコーナリングから悪天候での走行まで、あらゆる状況下でも常に的確で高い走行安定性を確保することを目的に設計しています。  設計の特徴として心がけていることは、スプリングとダンパーを別々に配置し、各々の性能を存分に発揮させること。最適な値はモデルによって異なるが、方向性としてはスプリングレートは低めに、逆にダンピングレートは硬めに設定。特に乗り心地や安全性が二の次にされがちな小型車にこそ、最優先すべきとも考えているわけです。  タイヤの選択はハンドリングと乗り心地を大きく左右するもの。メルセデス・ベンツのタイヤ選択は、常にこの2つを絶妙にバランスさせるポイントを見定める事から始まっています。経験上、そのバランスが良くならなければ、オーナーを満足させる事はできない。だから、たとえライバル車種が太いタイヤをアピールポイントにしても、メルセデス・ベンツはそれに迎合することはないのです。  また、アメリカ市場がスプリングを柔らかくと要求しても、答えは同じ。結論として、常にオーナーが安全にドライブできる様に、路面の情報を正確に伝える事が重要。結果、乗用車からスポーツカーまで常に競合車に比べて細目のタイヤを選択してきたわけなので、メルセデスならではの乗り心地や付き合い易さといった感覚が長年引き継がれているのです。誰が運転しても安全なハンドリング特性も、各々の時代のオーナーを納得させてきた重要な要素といえるでしょう。

【関連記事】